ライフ

世界に誇る獣医の最先端治療 人工心肺を使い心臓を止めて手術することも

機器が充実した手術室。同手術の普及のため、国内外より獣医師、動物看護師の見学も受け入れている(写真/JASMINEどうぶつ総合医療センター)

機器が充実した手術室。手術の普及のため、国内外より獣医師、動物看護師の見学も受け入れている(写真/JASMINEどうぶつ総合医療センター)※受診には、かかりつけ病院からの紹介が必要

 どんな時も寄り添ってくれる愛犬や愛猫も、人間と同様に歳を取れば病気になる。同時に、動物を対象とした医療の進歩は目覚ましく、高度医療に特化した病院も登場。海外にその名を轟かせる最先端治療を行う獣医もいる。

 神奈川県横浜市の『JASMINEどうぶつ総合医療センター』が行っているのは心臓の僧帽弁修復手術。上地センター長と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める。

 高齢の犬で最も多くみられる心疾患「僧帽弁閉鎖不全症」。特に小型犬に多く、左心房と左心室の間の僧帽弁が正常に閉まらなくなることで血液が逆流し、進行すると肺水腫や心不全などを発症して死に至る場合もある。根治的な僧帽弁修復手術で世界一の手術実績(約2360件)を持つのが、上地正実センター長だ。

「人工心肺を用い、心臓を60分間止めて手術します。小さなチワワの場合、僧帽弁の大きさは人間の小指の爪ほどですが、断裂した弁の腱を針と糸で元の位置に戻し、広がった弁の根元を縫い縮めて弁がうまく閉じるようにします」(上地センター長)

上地センター長(左)と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める(撮影/佐藤敏和)

上地センター長(左)と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める(撮影/佐藤敏和)

 かかる費用は、手術費用143万円、入院やその後の通院などで合計212万~222万円。退院率は98.57%(2022年実績)。米国など海外から愛犬の手術を受けにくる飼い主も多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト