ライフ

日本でのマスク着用は「空気」次第 国家権力者すら逆らえない

2020年春、公園内に設置された咳チケットとマスク着用を促す看板。マスク着用は義務ではなくお願い(時事通信フォト)

2020年春、公園内に設置された咳チケットとマスク着用を促す看板。マスク着用は義務ではなくお願い(時事通信フォト)

 日本で対コロナ感染対策が広く実施されるようになって3年目を迎えるいま、もうすぐコロナ禍で3回目の夏がやってくる。気象庁によれば2022年の夏も猛暑が予想されており、マスク着用をどうするかは、健康問題に直結する重大懸案といえるだろう。俳人で著作家の日野百草氏が、義務ではないはずのマスク着用の現実についてレポートする。

 * * *
「子供は不満みたいですが、マスクにうるさい親もいますからね、私としてはこんな土手でサッカーしている分にはいいと思うのですが」

 関東近郊、河川敷を利用して簡易に作られたサッカー場、ゴールポストすらないが、パイロンをゴールにみたてて模擬ゲームのような感じで子供たちがボールの奪い合いをしている。本格的なサッカークラブではなく、あくまで地元の子供たちが男女問わずサッカーを楽しむ集まりだと話すが、保護者はもちろん、サッカー中の少年少女たちもマスク姿だ。

「(マスクを)していたほうが角も立ちませんから、(マスクを)しろという方に合わせてます」

 母親は小声で話す。土手の下で大掛かりなシートを敷いて、クーラーボックスやらを用意しながら子供たちを見ている親御さんたちと、土手の上から子供たちを見ている親御さんたちには親同士のちょっとした距離感があるように思える。もちろん、全員マスク着用なので、マスクが問題というわけではないだろうが。

「だからマスクは絶対ですね」

 印象的だったのは、ここでは感染がどうとかではなく「マスクをしていればいい」という感覚でしている、人もいるということだった。感染がどうこう以上に、「マスクをしろ」という声の強い人によって、ここでは親も子供も全員がマスクをしている。立夏も過ぎた炎天下、最近は涼しいどころか寒いくらいの日が続いたが今日に限れば気温が高い。それでもサッカーでせわしなくボールを奪い合う子供たちはマスク姿、見渡せばこの子供サッカーの一団を除き、たまにジョギングやサイクリングの人が通る程度、駅からも離れ、車すら川辺まではめったに来ない。親の大半は橋梁の下なので日陰だが、子供たちは強い日差しにさらされている。

「いろんな人がいらっしゃいますから、仕方ないですね」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト