芸能

佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」

佐藤浩市

デビュー間もない頃の苦労を振り返った

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続けている佐藤にインタビューを行った。【全4回の2回目。第1回から読む】

作品もそうだし、人との出会いも大きい

 佐藤は昭和を代表する俳優・三國連太郎さん(享年90)の子として生を受けた。父に連れられて撮影所へ行っていた幼い頃に、早くも映画俳優になりたいと思ったという。
 
 1980年、19才のときに、ドラマ『続・続事件〜月の景色〜』(NHK)で役者デビュー。翌年公開された映画『青春の門』で映画デビューを果たす。

 北九州の筑豊炭鉱を舞台に、1人の少年が激しく生きる大人の中で成長し、上京するまでを描いた本作で、主役の伊吹信介役を演じて注目を集めた佐藤は、日本アカデミー賞とブルーリボン賞で2つの新人賞を受賞。それ以後、数々の作品に出演するようになる。当時話題だった映画『敦煌』(1988年)での熱演ぶりも印象的だ。

「当時は撮影現場の雰囲気が厳しくてね。うまくできないと罵倒されるし、さすがに殴られたことはなかったけど胸ぐらを掴まれたことはありました。モラハラとかパワハラといった言葉が社会に浸透してから確かに和やかな雰囲気になって、それはそれで素晴らしいことだと思います。

 でも、ぼく自身は“こいつを育ててやろう”という愛のもとに、叱ってくれた大人に感謝しているんです。そういう大人がいてくれたおかげで、ぼくは成長できたと思うから」(佐藤・以下同)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン