芸能

ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生

ロッチ・中岡を目撃

ロッチ・中岡創一を目撃。松葉づえをついていた

 右足をギプスで固めて、両脇を松葉づえで支える痛々しい姿は、3月中旬に準レギュラー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のロケで転倒して、右足関節外踝骨折をしたお笑いコンビ、ロッチの中岡創一(44才)。全治2か月と発表された通りに、4月末に都内のラジオ局から出てきたこの夜も、まだ普通には歩けない様子だった。

 そんな不便そうな姿の傍らを、ビンテージ感たっぷりの高級ヨーロッパ車でマネージャーとともに去っていったのは、相方のコカドケンタロウ(43才)。少し寂しそうに見送った中岡は、1人タクシーに乗車して帰宅していった。

 哀愁漂う中岡だが、今やすっかり“癒し系おっさん芸人”の1人として人気者だ。『イッテQ!』の5月1日放送でも、スタジオのひな壇に出演。通常は、自分のロケVTRの放送回のみの出演だが、「ケガをした期間はスタジオに来ていいですよ」と、番組側から認められた内幕を明かした。「ただし、治ったらもうダメ」とのオチもついた特例措置。司会の内村光良(57才)や共演の宮川大輔(49才)らからは「今日VTRないでしょ、帰れよ!」とイジられまくった。

 あるお笑いライターは「危険なロケのせいではなく、ルームランナーで転んでのケガだったので笑いに変えられました。転んでもただでは起きない、中岡さんの愛されキャラぶりが発揮されていました」と解説した。

 ほんわかな性格で、多くの先輩芸人にもかわいがられている。中岡と同じく体を張ったリアクション芸での第一人者、出川哲朗(58才)とは、毎年オフに二人旅に出かける仲。4月には、千原兄弟の千原ジュニア(48才)が、自宅へお見舞いに来たほどだ。

 また、6月24日と25日(東京・北沢タウンホール)に行われるロッチの単独ライブでは、骨折したことで時間が有り余った中岡が、初めて全てのコント原案を担当したという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン