国内

文科省教育の限界 「答えがない時代」の教育のあり方とは

教育の大改革には一刻の猶予もない(イメージ)

教育の大改革には一刻の猶予もない(イメージ)

 新型コロナ禍では、学校教育も多大な影響を受けた。感染拡大中は対面授業が制限され、リモート授業を余儀なくされたところも多い。その一方で、生徒1人につきパソコン1台を導入するGIGA(ギガ)スクール構想が実施され、オンライン学習が広まりつつある。だが、ツールが進化する中で、文部科学省が主導する学校教育の中身はどれほど“アップデート”されたのか——。国際バカロレア資格認定校からリカレント教育まで、人材育成に力を注いでいる経営コンサルタントの大前研一氏が、21世紀教育のあり方について解説する。

 * * *
 日本の教育というのは、明治維新から戦後にかけては欧米に答えがあり、それに追いつき追い越せということでやってきました。答えのある世界で、早くその答えを覚えて、消化して、実行していくという教育です。その方向性の中で、工業化社会や大量生産・大量消費を前提としながら、比較的グレードの高い人たちを大量につくっていくという教育制度でした。

 ところが、21世紀になると、まるで違う状況が生まれました。欧米にも答えがないのです。誰も答えを持っていません。そういう状況に置かれて、いったいどうすればいいのかということになりました。

 これは答えを見つけていく、あるいは、答えを考え出していけるような教育をしなくてはなりません。時あたかも、デジタルトランスフォーメーション=DXの時代になり、世界中のありとあらゆるものがネットでつながる中で、答えがない状況をどう打開していくかが問われています。

 こういう問題に対して、実は文科省自体が答えを見いだすことができていないのです。

“5円の知識”を教科書どおり教えてどうする

 具体的な問題点は拙著『経済参謀 日本人の給料を上げる最後の処方箋』に詳述していますが、今の文科省の教育を見ていると、2つ大きな問題があると思います。

 1つは、明治以来の160年の教育制度というものを抜本的に改革していかなくてはいけないという危機感がないことです。21世紀の教育は、ゼロベースで構築しなくてはなりません。答えが先進国にもない時に、どうやって答えを見つけ、答えを考え出すのか、そういうふうな時代に合った教育はどうあるべきかということを、文科省の官僚たちは考えたことがないのだと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン