国内

文科省教育の限界 「答えがない時代」の教育のあり方とは

教育の大改革には一刻の猶予もない(イメージ)

教育の大改革には一刻の猶予もない(イメージ)

 新型コロナ禍では、学校教育も多大な影響を受けた。感染拡大中は対面授業が制限され、リモート授業を余儀なくされたところも多い。その一方で、生徒1人につきパソコン1台を導入するGIGA(ギガ)スクール構想が実施され、オンライン学習が広まりつつある。だが、ツールが進化する中で、文部科学省が主導する学校教育の中身はどれほど“アップデート”されたのか——。国際バカロレア資格認定校からリカレント教育まで、人材育成に力を注いでいる経営コンサルタントの大前研一氏が、21世紀教育のあり方について解説する。

 * * *
 日本の教育というのは、明治維新から戦後にかけては欧米に答えがあり、それに追いつき追い越せということでやってきました。答えのある世界で、早くその答えを覚えて、消化して、実行していくという教育です。その方向性の中で、工業化社会や大量生産・大量消費を前提としながら、比較的グレードの高い人たちを大量につくっていくという教育制度でした。

 ところが、21世紀になると、まるで違う状況が生まれました。欧米にも答えがないのです。誰も答えを持っていません。そういう状況に置かれて、いったいどうすればいいのかということになりました。

 これは答えを見つけていく、あるいは、答えを考え出していけるような教育をしなくてはなりません。時あたかも、デジタルトランスフォーメーション=DXの時代になり、世界中のありとあらゆるものがネットでつながる中で、答えがない状況をどう打開していくかが問われています。

 こういう問題に対して、実は文科省自体が答えを見いだすことができていないのです。

“5円の知識”を教科書どおり教えてどうする

 具体的な問題点は拙著『経済参謀 日本人の給料を上げる最後の処方箋』に詳述していますが、今の文科省の教育を見ていると、2つ大きな問題があると思います。

 1つは、明治以来の160年の教育制度というものを抜本的に改革していかなくてはいけないという危機感がないことです。21世紀の教育は、ゼロベースで構築しなくてはなりません。答えが先進国にもない時に、どうやって答えを見つけ、答えを考え出すのか、そういうふうな時代に合った教育はどうあるべきかということを、文科省の官僚たちは考えたことがないのだと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン