芸能

三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ

百恵さんの「芸能界の父」は亡くなった(写真は2022年5月)

百恵さんの「芸能界の父」が亡くなった(写真は2022年5月)

 一昨年から山口百恵の名曲がサブスクリプションサービスにより聴き放題となったのも、過去のライブ映像をテレビで見られるのも、すべては百恵さんの育ての親である彼の尽力があってこそだった。引退後も百恵さんが信頼し続けた恩師の急逝に彼女は──。

 ダイナミックで美しいハワイの自然、パリのおしゃれなカフェ、海沿いでの優雅なバカンス、古代エジプトの壁画──一歩会場に足を踏み入れると、そこには世界中のさまざまな美景を表現した作品があふれていた。

 5月11日から24日まで静岡駅からほど近い会場で開催されている「静岡キルトフェスティバル」。「旅と休日」をテーマに、日本のトップキルト作家の秀逸な作品を集めた本展で、会場の中でも、大きな人だかりができ、ひときわ注目を集めている作品があった。「ようこそ!」というタイトルがつけられたそのキルトの作者は、三浦百恵さん(63才)だ。

 このキルトフェスでは、百恵さんのキルトの師である鷲沢玲子さんの教室の特別展示が行われており、百恵さんも数多くの弟子のなかから選ばれて作品を出展していたのだ。イベントを主催している「テレビ静岡」のホームページには、作品とともに百恵さんの近影も掲載されている。

「今回出展された百恵さんの作品は、2019年に制作されたもの。新作ではないのですが、フランス出身の画家・モネの家をモチーフにした作品のため、旅のテーマに合っているということで選んだそうです。ピンクを基調にした花々のリースの周りを蝶が舞っている華やかなキルトです。モネの終の棲家となったフランス・ジヴェルニーの庭の散歩道で、モネが訪れた人を笑顔で迎えるようなイメージからこのタイトルがつけられたのだとか」(キルト専門誌編集者)

 現在はキルト作家として活躍する百恵さんだが、このキルトフェスが始まる少し前、「歌手・山口百恵」をともに作り上げた人生の師を失っていた。

 4月30日、前ホリプロ会長の小田信吾さんが急性心不全のため83才で亡くなった。小田さんは、1968年に大手芸能事務所のホリプロダクション(現・ホリプロ)に入社。和田アキ子(72才)や百恵さんのマネジャーを務め、同社の成長に大きく貢献し、マネジャーから社長、会長を歴任した。芸能界の重鎮といわれる人物だったが、葬儀は親族のみの密葬という形でひっそり執り行われたという。

「故人の希望とご家族の意向だったそうです。混乱を避けるため、小田さんの死はしばらく伏せられており、発表されたのは葬儀が終わった後でした」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン