スポーツ

プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言

「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)

「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)

 2022年のプロ野球では、なぜか“快挙”が相次いでいる。ロッテの佐々木朗希が4月10日のオリックス戦で完全試合を達成。28年ぶりの快挙と話題になったが、翌週にも佐々木は8回を投げて降板するまで完全投球を続けた。佐々木だけが凄いのかと思いきや、5月に入ると中日・大野雄大が6日の阪神戦で9回までパーフェクトピッチングを続け、延長10回を投げて1安打完封。同11日にはソフトバンクの東浜巨がノーヒットノーランを達成した。

 異様な「投高打低」は決して印象だけではない。データで見ても明らかだ。プロ野球のデータ分析に詳しいスポーツジャーナリスト・広尾晃氏が指摘する(数字は5月15日時点)。

「セ・リーグの平均打率が.244、パ・リーグが.231で、近年の水準に比べて1~2分も下がっている。特にパの貧打は明らかで、長打率は例年4割前後あるのが.337に留まっています。両リーグともに打率、長打率は“飛ばないボール”の統一球が導入されて投高打低が顕著だった2011~2012年の数字さえ下回っています。

 当然、投手の成績はよく、平均防御率を見るとセは3.35と近年のなかで最もいい数字で、さらに凄いのがパの2.90。2004年に最優秀防御率を獲得した松坂大輔と同じ数字です」

 個人成績で見てもパの投手の充実ぶりははっきりしている。防御率はオリックス・山岡泰輔の0点台を筆頭に、1点台がロッテの佐々木を含め7人もいる。昨年の同時期に0点台はおらず、1点台も2人だけだった。

「投手が抑えて走者が出る機会が少ないと試合時間は短くなる。今季の平均試合時間はセ・パともに3時間5分。NPBは試合時間短縮キャンペーンを長く打ち出しつつも、なかなか“3時間10分の壁”を破れずにいたが、あっさり突破する勢いです。本塁打数も激減しています」(広尾氏)

 今季はMLBでも打率や本塁打数が全体的に低迷しているが、こちらは公式球が以前よりも「飛ばないボール」で統一された影響とされる。それゆえ一部では、“日本も去年より飛ばないボールになったのでは?”とも囁かれるが、統一球をNPBに納入するミズノに聞くと、「今まで同様で何も変わっておりません」(広報担当者)との答え。

 ボールが同じなら、何が原因なのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン