芸能

『プレバト!!』でも脚光 「演歌第7世代」二見颯一がアートとの“二刀流”で注目集める

二見颯一

「演歌第7世代」二見颯一の”二刀流”に注目が集まる

 その歌唱力とルックスで今人気の「演歌第7世代」の歌手たち。そのひとり、二見颯一(23歳)が『プレバト!!』(MBS・TBS系)への出演などで「アート」の一面にも注目が集まっている。コラムニストで放送作家の山田美保子さんがその魅力を解説する。

 * * *
 ダウンタウンの浜田雅功がMCを務める『プレバト!!』は今年10月、開始から丸10年となる。

 当初の番組名は『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』だったが、現在の「才能査定ランキング」をレギュラー版の統一企画にして以来、視聴率をジワジワ上昇させ、なかでも梅沢富美男が永世名人として君臨する「俳句」は大人気コンテンツだ。

『女性セブン』の連載「瓢箪から人生」でもおなじみの俳人、夏井いつき氏は、「当番組へのレギュラー出演によって全国的な俳句ブームを牽引した」との理由で、2017年度の「第44回 放送文化基金賞」を個人・グループ部門で受賞している。

 総合演出の水野雅之氏(MBS)も認める「がんばり屋」が揃うKis-My-Ft2は、多くの査定で準レギュラー状態。なかでも横尾渉の句は中学生の国語教科書の副教材に掲載され、メンバーから「先生」と呼ばれ、仕事の幅を広げて久しい。

 他にも「水彩画」「絵手紙」「消しゴムはんこ」「色鉛筆」「スプレーアート」「バナナアート」「丸シールアート」など、アート部門には、意外な才能の持ち主が次々登場。モデルの辻元舞、元AKB48の光宗薫、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第4シリーズでの秘書役だった女優の田中道子らは、『プレバト!!』で劇的に知名度を上げたと言っていい。

 一部では「プレバト!!ドリーム」とも呼ばれるステップアップを目にして、出演を直談判。結果を残したのは、「俳句」の特待生、「フルーツポンチ」村上健志の相方、亘健太郎だ。昨年12月、「絵手紙」で出演し、1位になったのである。さらに、浜田雅功に出演を直談判。今年2月、「色鉛筆」で、いきなり特待生となり号泣したのは、「ミサイルマン」の岩部彰だった。コロナ禍で劇場での仕事が激減した芸人が“隠れた才能”で仕事をもぎ取った様に、浜田雅功は、もらい泣きしているように見えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン