国内

悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?

厳重警備のなか登下校する悠仁さま

 秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)が筑波大学附属高校(筑附)に入学されてから間もなく2か月。この間、様々な部活の体験入部に顔を出していたという悠仁さまが、バドミントン部に入部する方向だと報じられた。

 文武両道の道を歩む悠仁さまだが、入部にあたって宮内庁の中では懸念材料も浮上しているという。宮内庁担当記者が語る。

「部内での人間関係です。秋篠宮家の長女で小室圭さん(30)と結婚した眞子さん(30)は、学習院女子高等科時代にスキー部に所属していた時は“マコ”、ダンス部に所属していた次女の佳子さま(27)は“カコ”とラフに呼ばれ、部内に友人も多かった。しかし、学習院と違って筑附は皇族とは縁が深くなく、初めて皇族と身近に接する顧問の先生や生徒は、距離感が難しいところだと思います。プレーをどこまで厳しく指導するのか、どこまで上下関係を意識するのか、そもそも何と呼べばよいのか。周囲も悩ましいでしょう」

 さらに、人間関係の構築の“障壁”となっていることがあるという。前出の宮内庁担当記者が続ける。

「悠仁さまの登校は、最寄り駅近くで送迎車を降りて、徒歩で学校に向かう形を取っており、下校時も筑附の正門から少し離れたところに車をつけて、そこまでは歩いています。この間は複数のSPと私服警官が警護をしており、悠仁さまはいつも一人。友達とワイワイ帰ることもままならない状態です」

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン