国内

「突出した人材」を生み出す教育とは 大前研一氏は「幕末に学ぶべき」と指摘

近代化政策を進めた幕臣・小栗忠順の銅像(神奈川県横須賀市)

近代化政策を進めた幕臣・小栗忠順の銅像(神奈川県横須賀市)

 21世紀の“答えのない時代”にも自分で答えを見いだせる優秀な人材を育む北欧型教育や、グローバルに活躍するリーダーを輩出しているリベラルアーツ教育に比べて、日本における教育システムは“周回遅れ”の印象すら受ける。しかし、そうかといって日本人の能力が劣っているわけではない。今も世界を舞台に活躍している日本人は数多くいる。彼らはどのような教育を受けてきたのか──。世界的経営コンサルタントとして知られる大前研一氏が解説する。

 * * *
 これまで私は著書や連載などで、日本の教育の欠点や課題について論じてきました。では、日本人は世界で活躍できる人材がいないのかと言えば、決してそんなことはありません。文部科学省の学習指導要領の“外”で育った日本人には、綺羅星の如く、才能にあふれた人たちがいます。図表1にまとめたので、そちらをご覧ください。

 日本人というのは、文科省の影響が及ばない分野では、こんなふうに世界で活躍できているのですが、これらはすべて目標や理想とするものが「見える化」できています。何を目指すかが明確であれば、そこに向かって努力を重ねることができる。それで、子供の頃から才能を見いだされて“本場”に渡り、世界のトップクラスの選手と競争しながら、専属コーチの指導のもとで学ぶことで、才能が花開きます。

【図表1】

【図表1】海外で活躍する若き才能たち

 このような理想の人材育成が、これからの教育に求められていると思います。

 もう1つ、日本人の人材育成という点で大いに参考になることがあります。それは、近刊『経済参謀 日本人の給料を上げる最後の処方箋』でも取り上げている、日本の歴史、先人たちの教育への取り組みです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン