福沢諭吉一覧

【福沢諭吉】に関するニュースを集めたページです。

近代化政策を進めた幕臣・小栗忠順の銅像(神奈川県横須賀市)
「突出した人材」を生み出す教育とは 大前研一氏は「幕末に学ぶべき」と指摘
 21世紀の“答えのない時代”にも自分で答えを見いだせる優秀な人材を育む北欧型教育や、グローバルに活躍するリーダーを輩出しているリベラルアーツ教育に比べて、日本における教育システムは“周回遅れ”の印象すら…
2022.05.28 16:00
NEWSポストセブン
マニ車外観。強盗などの襲撃に備え窓は防弾ガラスになっていたとも言われる。
幻の現金輸送専用鉄道車両「マニ30」 新札登場で封印は解けるか
 現金輸送車といえば、厳重に警備された特殊な自動車を思い浮かべる人が多いだろう。日本銀行は、福沢諭吉の一万円札と樋口一葉の五千円札、野口英世の千円札が発行される前年度まで、鉄道も使って大量の現金を輸…
2021.09.15 07:00
NEWSポストセブン
スマートフォン「iPhone 3G」が全国一斉発売し、即完売で話題に(撮影/矢口和也)
浅間山荘、グリコ森永、秋葉原無差別殺傷…子年の事件簿
 2020年は子年。数々の芸能人や政治家の運勢を視てきた沖縄のユタ直系占術家・島袋千鶴子さんは、十二支の初めにあたる“子年”には、新しいことが始まる傾向にあると話す。これまで子年に起こった事件を調べたとこ…
2020.01.07 16:00
女性セブン
日本語由来の韓国語を使わないようにする、というが…(EPA=時事)
韓国で「日本製品不買」に続き“日本語狩り”が始まった
 日本政府が輸出優遇措置を廃止したことに対抗して、韓国では日本製品の不買運動が始まっているが、それとは別に、日本から見れば“暴走”とも思える行為がすでに始まっている。 朝鮮日報の記事「京畿道教育庁『修…
2019.07.13 07:00
NEWSポストセブン
キャッシュレス決済に不安を感じる人は6割超、その不安の正体は?
キャッシュレス決済に不安を感じる人は6割超、その不安の正体は?
 福沢諭吉、野口英世、樋口一葉らの肖像画が描かれた紙幣が登場して15年。彼らこそ日本国民が日々もっとも目にし、触れてきた人物であったろう。そんな彼らがこのところ、ずいぶん肩身の狭い思いをしている。そう…
2019.04.28 15:00
マネーポストWEB
誰が決めたのか(時事通信フォト)
新紙幣 肖像画に選ばれた人の子孫が「嫌だ」と言ったら
 新元号に続いて発表され話題となった新紙幣。1.6兆円もの経済効果をもたらすといわれる一方で「肖像画の人名がピンとこない」「数字が大きすぎる」など早速物議を醸しているが、一体誰がどうやって決めたのか。財…
2019.04.15 07:00
週刊ポスト
深谷駅が東京駅丸の内駅舎にそっくりな理由とは
新一万円札に渋沢栄一と東京駅 埼玉・深谷市が2倍沸く理由
 1万円、5千円、千円の紙幣(日本銀行券)が全面的に刷新されると発表された。新しく1万円に用いられる渋沢栄一と東京駅丸の内駅舎に注目が集まるなか、実は深谷駅にも熱い視線が向けられ、地元では表と裏あわせて…
2019.04.10 16:00
NEWSポストセブン
天皇陛下「象徴」模索の礎になった本と美智子さまに贈った本
天皇陛下「象徴」模索の礎になった本と美智子さまに贈った本
 天皇・皇后両陛下は、3月26日に奈良県、4月18日に三重県に足を運び、それぞれ神武天皇陵と伊勢神宮を参拝する。これが、退位前の最後の地方訪問となる予定だ。 平成に入って以降、両陛下は47都道府県すべてを2度…
2019.03.13 16:00
週刊ポスト
ヨン様、セカチュー、佐世保女児殺害等平成16年を振り返る
ヨン様、セカチュー、佐世保女児殺害等平成16年を振り返る
 残りわずかとなった平成。私たちが経験したこの時代には、一体どんな出来事があったんのだろうか──。平成16年(2004年)の世の中を振り返る。 約半年間に10個という過去に例をみないほどの台風上陸が相次いだこ…
2018.12.12 16:00
女性セブン
【著者に訊け】堀越英美氏 『不道徳お母さん講座』
【著者に訊け】堀越英美氏 『不道徳お母さん講座』
【著者に訊け】堀越英美氏/『不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか』/河出書房新社/1550円+税 今春、ついに小学校で正式な教科となった道徳の授業。「国の基準で道徳に成績をつける…
2018.09.19 07:00
週刊ポスト
「暴走万葉仮名」の分析に計量社会学者は立ち上がるべき
「暴走万葉仮名」の分析に計量社会学者は立ち上がるべき
 1951年、日本の戸籍に子の名前として記載できる漢字が定められた。当初は100文字に満たない漢字しかなかったが、徐々に増加、現在は800文字超ある。選べる範囲が増えたこともあってか、難読名の子供も増えている…
2018.07.02 16:00
週刊ポスト
甘い言葉には注意が必要か(アフロ)
中国33歳男 彼女の誕生日に「札束で花束」も食事は割り勘説
 カネをカネと思わないような行為がまかり通るところはやはり、バブルの象徴といえるのかもしれない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。 * * * 日本に旅行に来る中…
2018.06.26 16:00
NEWSポストセブン
「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質
「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質
 韓国の不実はいまに始まったことではない。明治の傑出した知識人、福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。「脱亜論」で彼はなぜ朝鮮を見限ったのか。いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家…
2018.04.16 07:00
SAPIO
「万歳」の起源 当初はマンザイだったが力入らずバンザイに
「万歳」の起源 当初はマンザイだったが力入らずバンザイに
 明治維新から150年。チョンマゲを切り、帯刀をやめ、日本人の暮らしが一新したのが明治時代だ。そんな明治期に始まったモノやコトを紹介しよう。●天気予報 日本で気象事業が始まったのは明治5(1872)年の函館測…
2018.02.23 07:00
週刊ポスト
電報の登場時、電柱に耳を当てて言葉を聞こうとする人が続出
電報の登場時、電柱に耳を当てて言葉を聞こうとする人が続出
 2018年は明治維新から150年。維新とともに文明開化が一気に押し寄せた明治時代には様々な発明品が生まれた。暮らしに密着した明治の発明品を紹介しよう。●蚊取り線香 明治23(1890)年、世界初の蚊取り線香を発…
2018.02.22 16:00
週刊ポスト

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン