芸能

百恵さん「二人の息子が受け継いだ天性の歌声」次男貴大が初披露した「衝撃の歌唱力」

三浦百恵さんの才能を受け継ぐ次男・貴大の弾き語り

三浦百恵さんの才能を受け継ぐ次男・貴大の弾き語りが話題に(写真は2022年5月)

 やはり偉大な遺伝子は、しっかりと受け継がれていた。

 昭和の伝説的なアイドルだった三浦百恵さん(63才)と三浦友和(70才)の次男で、俳優の三浦貴大(36才)が5月24日、ライブストリーミングサービス「twich」の生配信で、ギターの弾き語りで歌声を披露した。

 チャンネル名『タカミウラ』で、いつもは自宅からゲーム実況などを配信していたが、この日は序盤から「今日は昼間なのであまり見に来ないだろうってことで、ギターでも弾いちゃおっかなぁ」と切り出して、アコースティックギターを抱えると、友人だというミュージシャン川崎鷹也(27才)のラブソング『魔法の絨毯』を歌った。

 視聴したある民放テレビ局関係者は「エコーをかけていましたが、透き通るような歌声が、驚くほどにきれいでした。貴大さんは『リポビタンD』のCMなど、体育会系のイメージでしたが、やっぱり百恵さんの息子さんですね。ご本人は『昼間は声出ねぇ』って照れ笑いしていましたが、視聴者からの書き込みも『最高でした』などの絶賛コメントで溢れました」と話した。

「ギターを始めたのは中学3年のころなんですけど、そんなにマジメに練習していなかったからコードぐらいしか弾けないんです。僕の父と兄が弾けるので、ちょっと聞いたりして。当時は『ウルフルズ』が好きで『バンザイ』を弾きたくて始めたんです」

 こんなエピソードまで明かして、のんびりと約3時間も配信した。

 学生時代は、水球部・ライフセービング部。大学ではインカレで入賞するほど情熱を注いでいたが、兄でミュージシャンの三浦祐太朗(38才)とバンドを組んでいたこともあったという。ただ、2010年に俳優として芸能界デビューをしてからは、テレビやラジオでは歌を披露したことは無かった。

「2017年に祐太朗さんが、百恵さんのヒット曲でカバーアルバムをリリースしたときには、やっぱり親子共々、すごいと話題になりましたが、貴大さんにもその才能は備わっていたんですね」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン