芸能

杉良太郎が平均年齢69.7才ダンスチームと懇談「ありのままで輝いて」

杉良太郎

シニアヒップホップダンスチームのダンスを観賞した杉良太郎

 歌手で俳優の杉良太郎が5月26日、埼玉・飯能市を訪れて市内のシニアヒップホップダンスチーム「GOLD DRAGON(ゴールドドラゴン)」を訪問し、ダンスのパフォーマンスを鑑賞した。

 厚生労働省・健康行政特別参与として、国民の健康意識向上に尽力する杉。この日は同省の「知って、肝炎プロジェクト」の普及活動の一貫で飯能市を表敬訪問。新井重治市長との懇談の中で、杉は「肝炎は早期発見で治療することができる。そのためには肝炎ウイルス検査をすることが大事なんです。肝炎は風邪などと違って自覚症状がほとんどない。そのため、知らないうちに病気が進行し、放っておくと肝がんになってしまうという怖さがあります。高齢者の皆さんには健康な状態で長生きしてほしい。」と呼びかけた。

 表敬訪問のあと、杉は名誉会長を務める一般社団法人 日本国際ダンス連盟 FIDA JAPANが推進する「ダンス健康クラブ」に登録するGOLD DRAGONとも交流を深めた。ダンス健康クラブは65才以上のダンスチームを全国47都道府県に作るプロジェクトで、現在は飯能市を含めて6都市の団体が登録している。

 飯能市の社会福祉協議会が主催したシニアヒップホップ講座をきっかけに2018年に結成されたGOLD DRAGONは、男性1名・女性37名で構成され、平均年齢は69.7才。約1か月半かけて準備したステージでは、“アラ古希”の彼女たちがジャクソン5の「ブレイム・イット・オン・ザ・ブギー(今夜はブギー・ナイト)」に合わせ、軽やかにステップを刻んだ。

 約1分で20パターン近くの振り付けを披露すると、「イエーイ!」と揃ってポーズを決めて杉にアピール。フロアに溢れるメンバーの元気なかけ声と明るい笑顔に、杉も何度も楽しそうに頷いて拍手を送った。チームの活動を視察した後は、杉とメンバーのうち代表者の3名(今川美雪さん・70才、斎藤厚子さん・68才、川村美智子さん・65才)で、懇談を行った。

 * * *

川村:「杉様」の前で踊るなんてどうしようって、みんなで緊張していたんです。でも実際に杉さんが目の前に来たら嬉しくなっちゃって自然と笑顔になるわ、いつもは出ない声が出るわ(笑い)。練習よりずっと上手に踊れた気がします。

斎藤:そうそう、いつもはコーチから声を出してと言われても、みんな全然出ないのに(笑い)。今日はとにかく楽しく杉さんの前で日頃の練習を出しきろうと踊ったら、とってもすっきりしました。

今川:ビックリしたのが、普段なら練習中に「肩が上がらない」「膝が痛くて無理」なんて文句がみんなから出るのに、今回は一切出ませんでした。

杉:ダンス健康クラブの活動を立ち上げる際、「高齢者のダンスチームなんて本当に踊れるんですか」という懐疑的な意見も随分あったんです。そこで私はハッキリ言いました。完璧さを求めているのではなく、皆さんが輝けるかどうかが大事だ、と。高齢者はきっと「今日は足の筋が張っちゃって」とか「今日はなんだか気分が乗らない」とか、あれこれぐずぐず不調を訴えて、文句を言いながらステージに立つ。だけど、それが面白いんじゃないの?って。

斎藤:ステージの上で五十肩や神経痛を我慢しながら。

杉:「イテテテッ!」とか顔をしかめて、みんなで踊る。

3人:あははは!

杉:最高に明るいステージになりますよ。若い子が同じことをしたら鍛えて出直せとなるけど、高齢者チームのいいところはちょっとくらいフラフラしたって文句を言われない。ぜひ皆さんのダンスをテレビの地上波でも流してもらいたいと思っています。

3人:え~っ、そんな姿を見られちゃうんですか!?

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン