ライフ

マッチングアプリ始める40~50代女性の事情“チヤホヤされたい要求”満たす人も

鳴り止まないほどの「いいね」を経験する人も

鳴り止まないほどの「いいね」を経験する人も

 マッチングアプリでの出会いは、若者にとって珍しいものではなくなった。一方、中高年では、まだまだ抵抗感を感じる人も少なくないだろう。とはいえ、さまざまな事情からマッチングアプリに飛び込んだ人もいる。アプリで繰り広げられる中高年の恋愛模様とはいかなるものなのか。40~50代女性のリアルケースを見えてくるものとは──。

「毎日、忙しく子供たちと接していたせいか、“自分も結婚して子供が欲しい”という気持ちが起こらなかったんですよね」

 とは、東京都在住の保育士・里子さん(47才・仮名)だ。心境に変化があったのは45才のとき。両親が他界し、一人っ子の里子さんは「天涯孤独」になった。

「本当に気の迷いだったんです(笑い)。友人にすすめられるまま『ペアーズ』に登録。プロフィール名はニックネームにし、顔写真もスタンプで隠して載せましたが、実年齢だけは正直に公開しました。“46才の私となんて誰もマッチングしないだろう”と思っていたのですが、登録した途端、通知が鳴りやまないくらい『いいね!』が来ました」

 とはいえ、情報が多すぎて選べない。そこで、表示される男性を「50代以上」に設定。すると通知数が減り、プロフィールを吟味できるように。

「その中で出会ったのが彼(54才)です。写真は誠実そうで、メッセージの内容にも思いやりを感じられたのですが、LINEのQRコードが送られてきたときは不安に……。名前からFacebookを探し、実在するとわかったので、やり取りを続けることに。相手を調べることは大切だと思います」

 その後、共通の趣味がゴルフであることがわかり、とんとん拍子で交際に発展。彼は男性ばかりの職場で出会いがないまま50代になったのだという。

「いまは、私は東京、彼は栃木で遠距離恋愛中。金曜日の夜はゴルフバッグを車に積んで彼の家に行きます。ふたりでゴルフをしたり、ワインを飲んだりして楽しい関係を築いています」

 今後のことは彼が定年退職したら考える予定だという。

結婚するなら互いの結婚願望をまず確認

 夫からのDVとモラハラが原因で離婚した大阪府在住の会社員・恵美子さん(50才・仮名)。息子が中学生になり、手が離れたのを機に再婚しようと、3年前、結婚相談所に行ったところ、初期費用が20万円以上かかるとわかり断念したという。

「同僚から『マリッシュ』をすすめられ、どうせ無料だしとダメもとで登録。マッチングアプリなんて若い子のためのものだと思っていたら40~50代ばかりでびっくりしました」

 そのうち、結婚願望が強く、シングルマザーに理解がある男性数人とメッセージのやり取りを始めたという。

「私の意見を頭ごなしに否定する人、自分のことばかり書いて送ってくる人、LINEをすぐに聞いてくる人は即ブロックしました。この消去法で残ったのがいまの夫(57才)です」

 初対面は昼間の喫茶店で。恵美子さんに結婚願望があること、息子がいることなどを話してその日はお開きに。その後も月に1回程度、食事をするうちに、どんどん惹かれて、半年後には息子にも会わせたという。

「息子も一緒にゲームをしたりしてなついてくれて、“あのおじさんと結婚していいよ”って。それで、去年入籍しました。夫は前の奥さまと死別していて、自分に子供がいないせいか、息子をわが子のようにかわいがってくれます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

お誕生日写真で愛らしい笑顔を見せられる佳子さま(2022年12月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
佳子さま、専属カメラマン起用でお写真の雰囲気が変化 「まるでアイドルのよう」の声も
女性セブン
「創価学会票」の消滅で当選が危うい自民議員も(時事通信フォト)
【自民党内部資料スクープ入手】自公亀裂「創価学会票」消滅で自民党議員56人が落選危機に直面
週刊ポスト
豪雨の中で撮影していた深田
深田恭子 体調不良を感じさせない「雨の中の余裕の撮影現場」 恋人とは“適度な距離感”保つ
女性セブン
売春防止法違反の疑いで逮捕された沢村雅也容疑者
「悪いことしたとは思ってない」SNSでモデル女性の売春斡旋「紹介役おにぃ」が語っていた“反省ゼロ”の肉声
NEWSポストセブン
暴力行為等処罰法違反容疑などで逮捕された前参院議員のガーシーこと東谷義和容疑者(時事通信フォト)
【わずか2年で】ガーシー容疑者「家賃も電気代も踏み倒して夜逃げ」から「3億円報酬」も約束のジェットコースター半生
NEWSポストセブン
広島の若手のホープ・玉村昇悟と小園海斗
【TikTokerと極秘おめでた婚】広島カープ・玉村昇悟の妻と小園海斗の妻は「コラボダンス動画」を上げる仲 「インフルエンサー」という共通点
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
「詐欺師め、呪い殺してやる」 国際ロマンス詐欺で1100万円を失った28歳女性の後悔と「恨み節LINE」
NEWSポストセブン
平野紫耀
キンプリ脱退の平野紫耀“中国で再デビュー”の可能性 現地での愛称は「ビスケットちゃん」
女性セブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
問題となっている「湯呑みペロペロ」動画(SNSより)
【スシロー】湯呑みペロペロ少年に6700万円訴訟 父親、涙の謝罪「本人は反省」でも巨額損害賠償請求という現実
NEWSポストセブン
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
NEWSポストセブン