ライフ

マッチングアプリ始める40~50代女性の事情“チヤホヤされたい要求”満たす人も

鳴り止まないほどの「いいね」を経験する人も

鳴り止まないほどの「いいね」を経験する人も

 マッチングアプリでの出会いは、若者にとって珍しいものではなくなった。一方、中高年では、まだまだ抵抗感を感じる人も少なくないだろう。とはいえ、さまざまな事情からマッチングアプリに飛び込んだ人もいる。アプリで繰り広げられる中高年の恋愛模様とはいかなるものなのか。40~50代女性のリアルケースを見えてくるものとは──。

「毎日、忙しく子供たちと接していたせいか、“自分も結婚して子供が欲しい”という気持ちが起こらなかったんですよね」

 とは、東京都在住の保育士・里子さん(47才・仮名)だ。心境に変化があったのは45才のとき。両親が他界し、一人っ子の里子さんは「天涯孤独」になった。

「本当に気の迷いだったんです(笑い)。友人にすすめられるまま『ペアーズ』に登録。プロフィール名はニックネームにし、顔写真もスタンプで隠して載せましたが、実年齢だけは正直に公開しました。“46才の私となんて誰もマッチングしないだろう”と思っていたのですが、登録した途端、通知が鳴りやまないくらい『いいね!』が来ました」

 とはいえ、情報が多すぎて選べない。そこで、表示される男性を「50代以上」に設定。すると通知数が減り、プロフィールを吟味できるように。

「その中で出会ったのが彼(54才)です。写真は誠実そうで、メッセージの内容にも思いやりを感じられたのですが、LINEのQRコードが送られてきたときは不安に……。名前からFacebookを探し、実在するとわかったので、やり取りを続けることに。相手を調べることは大切だと思います」

 その後、共通の趣味がゴルフであることがわかり、とんとん拍子で交際に発展。彼は男性ばかりの職場で出会いがないまま50代になったのだという。

「いまは、私は東京、彼は栃木で遠距離恋愛中。金曜日の夜はゴルフバッグを車に積んで彼の家に行きます。ふたりでゴルフをしたり、ワインを飲んだりして楽しい関係を築いています」

 今後のことは彼が定年退職したら考える予定だという。

結婚するなら互いの結婚願望をまず確認

 夫からのDVとモラハラが原因で離婚した大阪府在住の会社員・恵美子さん(50才・仮名)。息子が中学生になり、手が離れたのを機に再婚しようと、3年前、結婚相談所に行ったところ、初期費用が20万円以上かかるとわかり断念したという。

「同僚から『マリッシュ』をすすめられ、どうせ無料だしとダメもとで登録。マッチングアプリなんて若い子のためのものだと思っていたら40~50代ばかりでびっくりしました」

 そのうち、結婚願望が強く、シングルマザーに理解がある男性数人とメッセージのやり取りを始めたという。

「私の意見を頭ごなしに否定する人、自分のことばかり書いて送ってくる人、LINEをすぐに聞いてくる人は即ブロックしました。この消去法で残ったのがいまの夫(57才)です」

 初対面は昼間の喫茶店で。恵美子さんに結婚願望があること、息子がいることなどを話してその日はお開きに。その後も月に1回程度、食事をするうちに、どんどん惹かれて、半年後には息子にも会わせたという。

「息子も一緒にゲームをしたりしてなついてくれて、“あのおじさんと結婚していいよ”って。それで、去年入籍しました。夫は前の奥さまと死別していて、自分に子供がいないせいか、息子をわが子のようにかわいがってくれます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン