芸能

松田聖子、ツアー初日に沙也加さんデビュー曲披露 見守っていた卒寿の実母との物語

ホテルを後にする一子さん(左)と聖子(中)と聖子の夫(右)

ホテルを後にする一子さん(左)と聖子(中)と聖子の夫(右)

 愛娘の死から6か月が経過し、松田聖子(60才)は全国ツアーをスタートさせた。今年3月、聖子はファンクラブの会報誌に《彼女と一緒に歌っていきたい》とコメントしたが、その言葉通り、聖子は沙也加さんとの“共演”を意識していたようだ。その姿を聖子の母も待ちわびていた。一卵性母娘と呼ばれた、3世代の物語。

「20年前、ここで歌ったのがついこの前のよう……今日も一緒に歌ってくれたんじゃないかな……」

 ステージ上でスポットライトを浴びた松田聖子が涙を拭いながらそう話すと、さいたまスーパーアリーナを埋め尽くしたファンの目にも涙が浮かんだ。

 6月11日、聖子は全国ツアーの初日を迎えた。昨年12月に長女の神田沙也加さん(享年35)が帰らぬ人となってから、初めてのツアー。くしくも会場は、沙也加さんとの思い出が詰まった場所でもあった。沙也加さんは2002年5月にSAYAKA名義で歌手デビュー。彼女にとって初めての舞台が、このさいたまスーパーアリーナでの親子共演だった。

「ちょうど20年前の6月でした。聖子さんのコンサートにゲスト出演した沙也加さんがデビュー曲『ever since』を歌っていると、聖子さんが舞台袖から登場してデュエットを始めたのです。沙也加さんの物おじしないパフォーマンスとは対照的に、聖子さんが涙ぐんでいたのが昨日のことのようです」(観客のひとり)

 それから20年。この日、聖子は1万8000人のファンの前で沙也加さんのデビュー曲を歌い上げた。この日のコンサートでは、沙也加さんをしのぶかのような演出もあった。

「お姫様のようなドレスを聖子さんが着て歌うシーンは、ミュージカルのような演出でした。ミュージカルスターだった沙也加さんへのオマージュのようで、会場も大いに盛り上がりました」(前出・観客のひとり)

 その華やかさは、ファンの心配を払拭するほどのものだった。聖子はファンの視線を一身に浴び、こう言葉をつないだ。

「娘は天国に旅立ってしまいましたが、私の心の中にはずっと生き続けてまいります」

 ファンが涙し、心を震わせた母娘“共演”。この日の様子をじっと見守るもう1人の女性がいた。聖子の母・一子さん(89才)だ。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン