国内

出身地を隠さないアイドルだった田中聖 罪を償い寛解したなら帰る場所はある

判決が出る前に謝罪動画をYouTubeに公開していた田中聖(公式YouTubeより)

判決が出る前に謝罪動画をYouTubeに公開していた田中聖(公式YouTubeより)

 依存症からの脱出は難しい。それが違法薬物にかかわる場合、それまでの交友関係をすべて断ち切って入手できない環境に身を置くことが重要だと言われている。だが、現実には、交友関係を自分から消すのは難しい。俳人で著作家の日野百草氏が、執行猶予中に地元の柏駅前で田中聖容疑者が逮捕されたことをきっかけに、薬物犯罪から更生できる可能性について考えた。

 * * *

「めっちゃ元気でしたよ。聖さん柏のスターですし、やっぱ目立ちます。すぐわかります」

 筆者はこれまで何度か取材の過程でこの聖さん、元KAT―TUNメンバーの田中聖さん(以下、聖さん)について耳にしてきた。『「私たちの勝ちですよ」休業を選んだパチンコ店幹部は言った』など、コロナ禍でのパチンコバッシング取材ではたびたびこの柏を中心に関係者と話した、旧友とも話した、その中でたわいもない話として地元のスター、聖さんの話は必ず出てきた。この千葉県柏市は野田市生まれ(この一帯を「東葛」と呼ぶ)の筆者にとって思い出の地である。この男性の発言も、一連の取材の中で2020年の夏ごろ、その「たわいもない話」として出てきたものだった。

「柏まつりとかも来てました。やっぱ地元が好きなんだなって思いましたよ」

 「柏まつり」といっても東葛周辺の地元民くらいしか知らないかもしれないので説明すると、元は柏商工会議所が柏駅周辺を盛り上げようと1970年代に始めた駅前祭りで、毎年7月に催される。筆者の子どものころは愛してやまない東口の「柏そごう」(そごう柏店)と柏の象徴だった展望タワービルも営業していて現代のそれとは違う「昭和の活気」があった。大相撲の麒麟児(柏出身)が来ていたのを覚えている。失礼な話だが麒麟児そっちのけで「来年はドリフターズとか来ないかな」「(初代)タイガーマスクとか来ないかな」などと勝手な願望をマルイの地下のゲーセン(通称、マル地下)に入り浸っては小学生同士で話していた。少し時代は新しくなるが、聖さんも昭和に生まれ、平成の柏で育った。

「昔は弟たちも連れて来てました」

 弟とは田中樹さんのことだという。同じくジャニーズのSixTONESに所属する人気アイドルである。兄弟でいたのを見かけたのは2000年代ということで樹さんはまだ小学生とかだったろう。同じく弟で歌手、俳優の田中彪さんもいたかもしれない。

「イケメンですから、昔から目立つ兄弟なんですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン