国内

便秘に悩んで多量の薬を服用していた女性 薬を手放して得た“大きな自信”

薬を減らすことで変わったという女性も(写真/AFLO)

薬を手放すことで変わったという女性も(写真/AFLO)

《6種類以上の薬で副作用の頻度が上がる》《5種類以上を服用する高齢者の4割以上にふらつきや転倒が起きている》

 これらの文言は、厚生労働省がとりまとめた「高齢者の医薬品適正使用の指針」を一部抜粋したもの。こうした“薬ののみすぎ”がもたらす弊害は、以前から繰り返し指摘されており、退院時に2種類以上の薬を減らすことができれば診療報酬が加算されるなど、国を挙げて減薬への取り組みが進んでいる。

 必要以上の服用が毒になるのは市販薬にも当てはまる。全国の医師と連携して減薬に取り組む名古屋経済大学准教授で管理栄養士の早川麻理子さんが説明する。

「市販薬の添付文書に書かれた『用量』こそがその薬が最も効果を発揮する最適な分量です。それ以上の服用は体に負担をかけるうえ、耐性ができて効きづらくなります。薬は合併症予防のために症状を抑え、その隙に食生活を改善して病気や不調を治す“つなぎ”として使用すべきです」

 10年来のひどい便秘に悩み、一時は用量の5倍以上の便秘薬を服用していた女優の和泉ちぬ(65才)も、「薬で便秘は治らなかった」と断言する。

「最初は“出ない”と感じたときに1錠のむ程度だったのですが、それで便通があるとすっきりするので、気がつくと毎日のむことが習慣になっていました。特に当時は仕事が忙しくて生活が不規則だったため、薬に頼らざるを得なかった。だけど次第に同じ量をのんでも出にくくなり、2錠、3錠と増えていきました」(和泉・以下同)

 だが1日5錠にまで増えたとき、ふとわれに返った。

「“このまま薬の量が増え続けたら、一体どうなるんだろう”と不安になったことがきっかけです。その頃には、のまないと落ち着かなくなっていたし、自分でも依存状態に陥っていることがはっきりとわかっていました。

 一念発起してからは服用を一切やめ、漢方の病院に通いながら、腸活に取り組みました。仕事柄、ロケに行くときは水を控えていたのですが、そのせいで便が硬くなっていたことがわかって、水をたくさん飲むようにしたり、食物繊維の多い玄米を食べたり、マッサージをしたりして体質改善に努めました」

 努力のかいあって、いまは薬なしでほぼ便秘が解消。快適な生活を送っているという。和泉は「薬を手放したことで得たものは大きい」と微笑む。

「自分の努力によって体質を改善することができたことは大きな自信になりました。また、薬を使わなくなると、体の変化に敏感になります。お通じが悪くなると“水分が足りないから水を飲もう”とか、“繊維質が足りていないから野菜を食べよう”と体の声に耳を傾けて適切な処置ができるようになる。

 薬に頼っているときは、のみさえすればとりあえずその場ではすっきりするため、自分の体がどんな状態であるかは、まったく考えたことがなかった。いずれ、年を重ねれば西洋医学に頼らなければならないことが増えるでしょう。本当に必要なときに薬が効くように、それまではなるべく自分の体が持つ自然治癒力を生かして生活したいと考えています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン