国内

【真夜中の六本木60年史・前編】錚々たる文化人が集ったキャンティは「教室」だった

東京23区でも格差は広がる(時事通信フォト)

無名も有名も魅了され集まる六本木(時事通信フォト)

 夜、そこは妖しげに輝く繁華街に一変する。男女の欲望渦巻く「真夜中の六本木」。そこになぜ、人は吸い寄せられるのか──財界の重鎮も、第一線の人気芸能人も、そしてお金のない若者も、誰もが取りつかれてしまう魔力の源に迫る。【前後編の前編】

「土下座をして謝りなさい」。香川照之(56才)演じる外食企業グループの会長が、竹内涼真(29才)演じる主人公に土下座を迫る──7月7日にスタートしたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)のワンシーンだ。

 このドラマはNetflixで人気の韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイク版。絶望の淵に沈んだ主人公が復讐を誓い、巨大企業に立ち向かっていくストーリーだ。

 初回放送は平均世帯視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)をマークし、「香川照之」がツイッターのトレンド入りした。

「香川さんが出演した『半沢直樹』(TBS系)の土下座要求シーンを思い出した人が多かった。実際の撮影現場ではアドリブ連発の香川さんに竹内さんが必死に食らいついていて、2人のかけ合いも見ものです」(テレビ誌記者)

 今回、テレ朝が特に力を入れているのが、タイトルにもある六本木での撮影だ。

「テレ朝はお膝元である六本木での撮影にこだわっているそうです。そもそも交通量が多くて撮影許可がなかなか下りにくいエリアなのに、しっかりロケをしている。これには他局も“このドラマはすごい”と密かにチェックしています」(前出・テレビ誌記者)

 にわかに注目を集める六本木。常に最先端を走り、人々を魅了してやまないエリアの栄華の裏側には60年にわたる人々の熱い交流があった。

キャンティは真夜中の教室だった

「この地に松の大樹が6本あった」
「青木や上杉など、木にちなんだ大名屋敷が6つあった」

 六本木という地名の由来には諸説がある。田畑の広がるのどかな地域だった六本木界隈は江戸時代に武家屋敷街として発展し、明治期には旧陸軍の施設が相次いで建築された。

 太平洋戦争で米軍の空襲によって焼け野原になり、戦後は米軍が旧陸軍の施設を接収した。周囲には米軍用のキャバレーやダンスホール、バーやレストランが立ち並び、かつての武家屋敷街は「アメリカの街」へと変貌した。

 しかし1958年に接収が終わり、翌年にテレビ朝日の前身である日本教育テレビが開局すると六本木は生まれ変わる。

「テレビ関係者や芸能人、そうした華やかな人々に憧れる若者たちがこぞって六本木に集うようになりました。何をするにもお金がかかる銀座と違い、六本木は若くてお金がなくてもセンスさえあれば、人と交流して楽しむことができた。この街に深夜までたむろする若者たちは、いつしか『六本木族』と呼ばれるようになりました」(ベテラン芸能記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン