芸能

坂元裕二ら日テレ黄金トリオが復活!彼らが手掛ける連ドラが「確実に面白い」理由

松岡茉優も魅惑の目線をくれた

『初恋の悪魔』には松岡茉優らが出演

 夏ドラマが続々とスタートしているが、中でも注目の作品の1つが『初恋の悪魔』(日本テレビ系)だ。『東京ラブストーリー』『Mother』『カルテット』などを手掛けた坂元裕二氏が脚本を務めることでも話題を集めている。どんな作品になるのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 16日の土曜22時、ドラマ『初恋の悪魔』がスタートします。

 同作は放送前からネット上を中心に話題を集めていますが、その理由は脚本を手がけるのが坂元裕二さんだから。さらに『初恋の悪魔』のチーフ演出は水田伸生さん、プロデュースは次屋尚さんが担当することが、世の中のドラマ好きたちをざわつかせているのです。

 坂元さん×水田さん×次屋さんのトリオは、2010年放送の『Mother』、2013年放送の『Woman』をヒットさせた一方、2018年放送の『anone』は視聴率、視聴者の評判ともに低迷。特に視聴率は当時放送されていた水曜ドラマの半分程度に終わり、ワースト記録となったことがショッキングに報じられました。

 しかも『anone』の終了後、坂元さんは3年間、テレビの連ドラから離れてしまったため、「もう日テレでこのトリオの作品は見られないのか」と嘆く声が挙がっていました。

 ところが坂元さんは昨春、『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)で連ドラ復帰。全話の平均世帯視聴率は奇しくも『anone』とほぼ同じ6%程度だったものの、ネット上は熱狂的な声であふれ、「2021年のベストドラマ」に挙げる人も少なくありませんでした。

 そしてさらに1年が過ぎた今夏、満を持して坂元さん×水田さん×次屋さんのトリオが復活する『初恋の悪魔』に注目が集まるのは当然でしょう。では同作はどんな物語で、どんな反響が予想されるのでしょうか。

4人の設定が『カルテット』を彷彿

『初恋の悪魔』のコンセプトは、警察署に勤めているが、部署もバラバラで捜査権のない4人による「小洒落でこじれたミステリアスコメディー」。さらに番組ホームページのイントロダクションに「警察モノ? ラブストーリー? 謎解き系? 実は青春群像劇? その全てがここに出会った!」というコピーが書かれていることから、「これまで見たことのない作品ジャンルや舞台設定のドラマにしよう」という意欲を感じさせます。

 メインの4人は、「推理マニアで凶悪犯罪愛好家」の停職処分中刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)、「自己犠牲型平和主義者」の総務課・馬淵悠日(仲野太賀)、「ぶっきらぼうだが人情あり」の生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、「妄想癖な腰痛持ち」の会計課・小鳥琉夏(柄本佑)。いずれもひとクセあるキャラクター設定だけに、坂元脚本らしい4人の会話劇が期待できそうです。

 坂元さんの手がけたドラマで、「見たことのない作品ジャンルや舞台設定」「ひとクセある4人の会話劇」と聞いて思い出すのは、2017年放送の『カルテット』(TBS系)。さらに、刑事モノとしての事件解決だけでなく、「友情や恋も芽生えていく」という要素がある点も似た魅力がありそうです。

 その他の出演者には、警察署長・雪松鳴人に伊藤英明さん、悠日の亡き兄で殉職刑事・馬淵朝陽に毎熊克哉さん、鈴之介が監視する怪しい隣人・森園真澄に安田顕さん、森薗の家に出入りする謎の女性・野上千尋に萩原みのりさんと、こちらもひとクセある人物の演技巧者がズラリ。極めつきは、連ドラはほぼ坂元×水田×次屋トリオの作品しか出演しない名優・田中裕子さんも、星砂を気にかけアドバイスを送る元監察医・小洗杏月を演じます。

 また、「坂元×水田×次屋の作品ならぜひ」という俳優が多いだけに、週替わりの豪華ゲストが期待できるでしょう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン