芸能

黒島結菜、10才年上の恋人・高良健吾と今春破局 多忙によるすれ違いが原因か

黒島結菜が破局していた

黒島結菜が破局していた(写真は2022年7月中旬)

 朝から強く降り続いた雨が小降りになった7月中旬の夕方、女性と2人で2匹の愛犬・シャディとコハダを散歩させていたのは、黒島結菜(25才)だ。黒いTシャツにブルージーンズ、サンダルというカジュアルな服装でも、その透明感は隠せない。散歩中、彼女に気づいたファンからの記念撮影や握手に気さくに応じる場面もあった。

「以前は近くに住んでいた恋人の高良健吾さん(34才)が犬の散歩に合流したり、ふたりでお出かけする姿を頻繁に見ましたが、最近はサッパリですね」(近隣住民)

 黒島が主役を務める連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)も、後半戦に突入した。これまでは黒島演じるヒロイン・比嘉暢子が料理人を目指して沖縄から上京し、西洋料理店で修業に励む姿が描かれてきたが、一転。ここ最近は恋と結婚の話が続いている。

「修業の一環として新聞社に雑用のアルバイトをしに行った暢子が、沖縄時代の同級生・和彦(宮沢氷魚・28才)とばったり再会。和彦には愛(飯豊まりえ・24才)という結婚を約束した同僚の恋人がいましたが、和彦に対する気持ちに気づいた暢子は愛に『うち、和彦くんのことが好き』『でもさ、諦める』と打ち明け、愛を困惑させる。

 和彦は和彦で愛にほかに好きな人はいないと言いながら、『(結婚話は)なかったことにしてくれ』と言って、暢子に接近。純愛というよりは身勝手ともとれる展開に、視聴者からは“愛がかわいそう”“略奪じゃないか”といった批判も上がっているようです」(芸能関係者)

 暢子と和彦は結ばれたようだが、どうやら黒島自身の恋愛は密かに終わりを告げていたようだ。黒島と高良はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(2015年)で夫婦役で初共演し、急接近。2020年頃から一緒に犬を散歩させたり、スーパーで仲よく買い物をしたり、商店街の古着屋めぐりをしたりと、“ご近所デート”が目撃されていた。

 当時、黒島は朝ドラの主演が決まっていたため、ヒロインのイメージとして「同棲はよくない」と気を使った高良が、彼女の家の近くに引っ越してくる形で交際を深めていたが、人知れず別れを迎えていたようだ。

「今年の春頃にふたりは破局してしまったようです。原因は多忙によるすれ違いだとか。黒島さんは朝ドラの撮影のために沖縄にも頻繁に足を運ぶなど、高良さんと一緒に過ごす時間が少なくなってしまった。それでもきちんと話し合ってお別れしたそうで、本人たちはスッキリした気持ちだといいます。それぞれが『もう別れたんです』と周囲に伝えるなど、破局を隠そうともせず、あっけらかんとした様子だとか」(黒島の知人)

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン