国内

安倍元首相を守れなかったSPの悔恨 警察のなかでも過酷な職務のリアル

一握りの選ばれし者たちの過酷な日常とは(時事通信フォト)

一握りの選ばれし者たちの過酷な日常とは(時事通信フォト)

 安倍晋三元首相の銃撃事件で、“過失”が指摘されているのが、当日警護に当たったSP(セキュリティポリス)だ。狭き門をくぐり抜け、過酷な訓練を経た精鋭たちは、結果として守るべき命を守れなかった。その悔恨と苦悩は計り知れない。

 安倍氏の後援会幹部が声を詰まらせる。

「後援会長が警視庁から派遣されていたSPに電話をして、『決してお前の責任ではないからな』と伝えたのですが、当人はもう号泣するばかりで、ひとことも発せなかったそうです。

 安倍さんならきっと、こういう時に『キミじゃなくてよかったよ』と言っていたのではないかと思うのですが、あまりの憔悴ぶりに、かける言葉がなかったといいます」

 衝撃の事件から2週間あまり。この間、「警備上の不備」が浮き彫りになってきた。埼玉県警で要人警護を経験した、警備会社「セーフティ・プロ」代表の佐々木保博氏が語る。

「街頭演説が行なわれた大和西大寺駅前は、周囲を道路で囲まれたオープンスペースで、“狙ってください”と言わんばかりの場所。徒歩や車で近づくことも容易だし、周囲の建物から狙撃される危険性もある。初めからリスクの高い場所だったといえる」

 政治家は一般市民に不便をかけまいと、演説時の交通規制を避ける傾向があるといわれ、選挙期間中の警護は難点がいくつもある。そのうえで、外国の日本大使館で要人警護の経験のある元警視庁公安部の松丸俊彦氏はこう指摘する。

「SPは安倍氏の真後ろで背中合わせになって警護すべきでしたが、それができていなかった。通常、SPが要人の背後につく場合は、片手を伸ばして要人に触れられる距離にいなければならない。そして不審な音がしたら、すぐに要人に覆い被さる。安倍氏と数メートル離れていた位置取りにも、大きな問題があったと言わざるをえません」

 いざという時に要人に覆い被さることは、要人を的として小さくするだけでなく、自分の命を捨て「人間の楯」となることを意味する。SP経験のある元警視庁職員が語る。

「自分がSPとして要人警護に向かう時は、“家族の顔を見るのはこれが最後”と覚悟して家を出ていました。それが毎日続くのですから、過酷な仕事です。だからこそ、自分が生き延び、守るべき安倍氏を死なせてしまったSPたちの苦しみや後悔は、言葉では表わせません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン