国内

接種間隔が短くなるコロナワクチンはいつまで打つ?「治療薬にシフトすべき」の声も

(共同通信社)

「接種間隔」はどんどん短くなって…(共同通信社)

 新型コロナウイルス感染拡大防止の切り札と目された「ワクチン」は、変異を続けるウイルスを前に有効性が低下している。政府はそれでも「重症化を防ぐ」として5回目接種を検討する。効果とリスクを天秤にかけて、いまこそワクチンとのつきあい方を考え直すべきだ──。

 新型コロナウイルスの第7波が猛威を振るうなか、都内の50代主婦・A子さんがため息交じりにつぶやく。

「4回目の接種もまだなのに、もう5回目の準備が始まっているなんて驚きです。高熱が出たり、腕が上がらなくなったり、副反応も怖いのに、いつまでワクチンを打ち続ければいいのか」

 厚生労働省は今秋以降、ワクチンの5回目接種を検討することを専門家会議に提案した。60才以上や、18才以上で基礎疾患のある人などの条件付きだが、4回目の接種が進む最中に発せられた「4回打っても、まだ次がある」とのメッセージに、A子さんのように気が滅入る人も多い。

 副反応に対する不安も少なくない。

 厚労省は7月25日、ワクチンを接種した後に亡くなった91才の女性について、「ワクチン接種が原因で死亡した可能性が否定できない」として、法律に基づく死亡一時金の支給を決定した。女性のワクチン接種時期や種類、回数などは明らかにされていないものの、ワクチンが原因で亡くなったと国が認定した初めてのケースになった。女性はワクチンによって、急性アレルギー反応と急性心筋梗塞を起こしたという。

 そうした不安を抱えながらも、政府が5回目の接種を推し進める背景にあるのは、最近の感染爆発だ。

 これまで感染の主流だったオミクロン株の派生型「BA.2」よりも感染力が1.27倍強いとされる「BA.5」の登場により、7月下旬、東京の新規感染者は3万人を突破。全国では1週間の新規感染者が初めて100万人を超えた。すでにコロナに感染した人が再感染するケースも目立つようになった。ワクチン接種者が感染することなど、もはや当たり前のようだ。

 それにしても、気になるのは接種間隔がどんどん短くなっていることだろう。

 1回目と2回目は実質ワンセットで、当初2回目接種から8か月以上と定められていた3回目の接種間隔は、いつの間にか5か月後に短縮された。さらに現状では3回目から5か月以上とされる4回目についても、政府・自民党は接種間隔を見直す意向を示している。この秋に5回目を打つならば、さらに間隔は短くなるだろう。

 矢継ぎ早に接種を求められる理由を、昭和大学医学部客員教授の二木芳人さん(感染症学)が解説する。

「2回目を打ってからワクチンの効果が落ちるのが予想以上に早く、接種後に感染するブレークスルー感染が出たことから、政府は後手後手に回って接種間隔を短縮しました。第6波で登場したオミクロン株はさらに早くワクチンの効果が落ちることがわかり、接種間隔のさらなる短縮が必要になりました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン