芸能

水谷豊と寺脇康文、14年越しの抱擁 紆余曲折を経て再び“相棒”になるまで

がっちりと握り合った手に思いの強さが宿る

がっちりと握り合った手に思いの強さが宿る

 長すぎる14年という歳月は、かつてタッグを組んだ“相棒同士”には、溝を埋めるために必要な時間だったのかもしれない。時間にしてわずか数秒の抱擁だった。しかし、そこには、“相棒”として駆け抜けた8年間と、その後道を違えた14年間の「友情」や「畏敬」、「葛藤」といったさまざまな感情が凝縮されていた──。

 全国的に低気圧に覆われ、ジメジメと蒸し暑い日となった7月下旬のある日、関東近郊のホテルで、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の撮影が行われていた。出入り口は厳重にチェックされており、関係者以外はロビーに立ち入ることさえできない。厳戒態勢の中、カメラの前に立っていたのは、水谷豊(70才)と寺脇康文(60才)だった。

「その日が、10月から放送が始まるシーズン21のクランクインでした。現場にエキストラはいましたが、名前のある出演者は水谷さんと寺脇さんのみ。新シーズンの撮影初日は、“やっぱりこの2人だけのシーンからスタートしたい”ということもあって、スケジュールが組まれたそうです」(ドラマ関係者)

 ホテルを丸ごと1棟貸し切りにするほどのロケに、制作陣の気合が感じられた。2000年のプレシーズンを皮切りに放送が始まった相棒シリーズは、いまではテレビ朝日を代表する看板ドラマだ。

 頭脳明晰でありながら、周囲を煙に巻く言動で変人扱いされ、「特命係」という窓際部署に所属する警部・杉下右京役の水谷が、後輩とコンビを組んで事件を解決に導いていくストーリー。人気の礎を築いたのが、放送開始当初から初代相棒の亀山薫として出演した寺脇だった。

 2008年を最後に番組を卒業後、寺脇はスペシャル版にすら登場することはなかったが、今年6月、新シーズンからの再登板が発表されファンを驚かせた。

「14年越しの共演に、スタッフも特別な思いでクランクインを迎えました。寺脇さんが現場に現れると、スタッフからは“おかえりなさい”という声とともに拍手が沸き起こりました」(前出・ドラマ関係者)

 降板時、作中で寺脇は南アジアにある「サルウィン」という架空の小国でのボランティア活動に向かうため、警察官の職を辞した。

「初日の撮影場面は、サルウィンからの要人を迎えたパーティーシーンでした。久しぶりの共演ですが、そんな時間を感じさせないくらい、水谷さんと寺脇さんの呼吸はぴったり合っていたそうです」(前出・ドラマ関係者)

 そうして初日の撮影を終えた2人が見せたのが、冒頭の姿だった。夏らしいストローハットをかぶった水谷が右手を差し出すと、黒いTシャツ姿の寺脇の右手がそれを固く握った。次の瞬間、どちらともなく固く結んだ手をたぐり寄せ、もう片方の手をお互いの背中に回した。体を寄せ合い、がっちりと抱擁。マスク越しでも、水谷が口元に笑みをたたえているのが伝わってくる。一方の寺脇も目尻が下がり、喜びにあふれていた。しかし、そこに至るまでには、相棒だったはずの2人の紆余曲折があった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン