芸能

怪優・佐藤二朗の正体 野間口徹は「アドリブっぽく見せて、全部緻密な計算」と分析

一癖も二癖もある役を演じる(写真提供/NHK)

佐藤二朗を俳優仲間はどう見ている?(写真提供/NHK)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で中心人物を担っている佐藤二朗(53)。一癖も二癖もある役を演じる怪優として知られるが、俳優仲間や監督はその演技をどのように見ているのだろうか。【全4回の第3回。第1回から読む

「この人は底が知れない」

 佐藤と同じ信州大学出身で、同じくバイプレイヤーとして活躍する野間口徹は、佐藤についてこう語る。

「大学時代はちょうど入れ違いで、二朗さんを知ったのは僕も大学を卒業した後でした。2学年上の先輩から『佐藤って人も役者やってるよ』と聞いていて、たまたま連れて行かれた劇団『ちからわざ』の公演に二朗さんが出ていて、初めて顔と名前が一致したんです。

 これを言うと二朗さんに“営業妨害だ”って言われますが、二朗さんの演技はアドリブっぽく見せて、全部緻密な計算をされていると思います」

 なかでも野間口が感銘を受けたのが、『わたしたちの教科書』(2007年・フジテレビ系)での佐藤の演技だったという。ことなかれ主義で、死んだ女子生徒がいじめられていたことを知りながら、ずっと隠し続けていた中年教師(佐藤)。しかし、法廷で菅野美穂演じる弁護士に問い詰められ、ついに「いじめはあった」と告白する。物語が急転する重要な場面だ。

「《その瞬間から泣き始めるんだ、この人は底が知れない人だ》と二朗さんに長文のメールを送りました。役者に直接感想を伝えたのは、後にも先にもあの時だけです。

“そんな人いないよ”というようなキャラクターも、“いや、いるかも……”と思わせてくれるところがすごい。ご本人はつらいこと、苦しいことを笑いに変えてくれる素敵なお兄さん、いや、オジさんなんですけどね」(同前)

“超個性派”であり繊細な佐藤には、どの俳優も近づけない魅力があるというのだ。

 堤幸彦監督もこう証言する。

「他の役者に『アドリブしてよ』と言っても、ちょっとしたわざとらしさを感じたり、“これはアドリブでしょうね”と読めるものになってしまう。ところが佐藤二朗に関しては、そもそもがアドリブなのか、台詞なのか、演出されたものなのか、自分で考えたものなのか。その境界線を曖昧にするところに彼の存在意義、個性がある。いわば佐藤二朗という“表現の塊”としか考えられません」

(第4回につづく)

※週刊ポスト2022年8月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン