芸能

怪優・佐藤二朗の正体 野間口徹は「アドリブっぽく見せて、全部緻密な計算」と分析

一癖も二癖もある役を演じる(写真提供/NHK)

佐藤二朗を俳優仲間はどう見ている?(写真提供/NHK)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で中心人物を担っている佐藤二朗(53)。一癖も二癖もある役を演じる怪優として知られるが、俳優仲間や監督はその演技をどのように見ているのだろうか。【全4回の第3回。第1回から読む

「この人は底が知れない」

 佐藤と同じ信州大学出身で、同じくバイプレイヤーとして活躍する野間口徹は、佐藤についてこう語る。

「大学時代はちょうど入れ違いで、二朗さんを知ったのは僕も大学を卒業した後でした。2学年上の先輩から『佐藤って人も役者やってるよ』と聞いていて、たまたま連れて行かれた劇団『ちからわざ』の公演に二朗さんが出ていて、初めて顔と名前が一致したんです。

 これを言うと二朗さんに“営業妨害だ”って言われますが、二朗さんの演技はアドリブっぽく見せて、全部緻密な計算をされていると思います」

 なかでも野間口が感銘を受けたのが、『わたしたちの教科書』(2007年・フジテレビ系)での佐藤の演技だったという。ことなかれ主義で、死んだ女子生徒がいじめられていたことを知りながら、ずっと隠し続けていた中年教師(佐藤)。しかし、法廷で菅野美穂演じる弁護士に問い詰められ、ついに「いじめはあった」と告白する。物語が急転する重要な場面だ。

「《その瞬間から泣き始めるんだ、この人は底が知れない人だ》と二朗さんに長文のメールを送りました。役者に直接感想を伝えたのは、後にも先にもあの時だけです。

“そんな人いないよ”というようなキャラクターも、“いや、いるかも……”と思わせてくれるところがすごい。ご本人はつらいこと、苦しいことを笑いに変えてくれる素敵なお兄さん、いや、オジさんなんですけどね」(同前)

“超個性派”であり繊細な佐藤には、どの俳優も近づけない魅力があるというのだ。

 堤幸彦監督もこう証言する。

「他の役者に『アドリブしてよ』と言っても、ちょっとしたわざとらしさを感じたり、“これはアドリブでしょうね”と読めるものになってしまう。ところが佐藤二朗に関しては、そもそもがアドリブなのか、台詞なのか、演出されたものなのか、自分で考えたものなのか。その境界線を曖昧にするところに彼の存在意義、個性がある。いわば佐藤二朗という“表現の塊”としか考えられません」

(第4回につづく)

※週刊ポスト2022年8月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン