ライフ

夏井いつきさんインタビュー【前編】心に刻まれた「みんなで生きる」という言葉

夏井いつきさんの素顔に迫る

夏井いつきさんの素顔に迫る

 エッセイ集『瓢簞から人生』が話題の俳人、夏井いつきさん(65才)。その素顔に迫るロングインタビュー。【前後編の前編】

 * * *
 俳句は、〈人生の杖〉になる。

 そして人と人は、言葉が繋ぐ──。

 初代俳都松山大使で、現在放送中のMBS『プレバト!!』の劇的添削でも大人気の俳人、夏井いつきさんの女性セブン連載エッセイ『瓢簞から人生』が本になった。こぶりで端正な紙の本の質感といい、洒脱な装画といい、

「初めて手にしたけど、いい本になったね。自分の話を書くなんて照れ臭いし、えらい迷惑だと思ったけど、やっぱり書いてよかったよね」と夏井さん。

〈「いつか」「そのうち」「勿論」と先延ばしにしてきた編集者キッタカさんとの約束。「人生の中で、どんな人に出会い、どう影響されてきたのか。そういうのを書いて欲しいんです」〉とあとがきにもあるように、本書では著者がこの65年間でどんな人や言葉と出会い、何がどう転がって今があるのか、〈かなり真剣に書いた〉〈書かざるを得なかった〉という全45話を所収。「人」を切り口に半生を振り返る中には、句会ライブを始めとする種蒔き運動の詳細や、テレビにラジオに執筆にと忙しい日常の裏話も綴られ、全く飽きさせないが、とりわけ心惹かれるのが愛媛県内海村(現・愛南町)で過ごした幼少期や、家族をめぐる光景だ。

〈私は父の秘蔵っ子だった〉と自認する彼女には、実は「季語を手がかりに記憶を再現する特殊能力」があるらしく、私たちはその父や母や妹がいて、恩師や仲間たちがいる風景を、まるで映画を観るように読めるのである。

「その能力に私が薄々気づいたのは『絶滅寸前季語辞典』(2001年)という、もういつなくなってもおかしくない季語の本を書き始めた時でした。

 絶滅寸前ってことはつまり、自分が子供の頃に見聞きしたようなことを思い出して書くんだけど、夏の季語に砂糖水っていうのがあるんですよ。

 それこそ水に砂糖を入れただけの代物なんだけど、砂糖水は今でも歳時記に載っていて、私はそれを見つけた瞬間、昔、妹の子守婆だった人の家を訪ねた時の記憶がありありと、映像で再生される感覚があったんですね。

 お婆さんが井戸水を汲んでくれて、そこにちょこっと砂糖を入れて、かき混ぜてくれた時の、あの砂糖が溶けてモヤモヤ~とする感じ? あの映像がカーッて、脳内に蘇るわけです。

 そうか、季語は記憶を引っ張り出すフックなんだと、その時は思ったけど、妹は憶えてないというし、この物事を写真みたいに記憶する力は、私のささやかな能力かもしれないなって」

〈まさに瓢簞から駒の人生〉とある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン