ライフ

コロナは「ただの風邪」ではない 米研究では「2回以上感染で死亡リスク2倍」のデータも

日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)

日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)

 新規感染者数が拡大する一方、政府は新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを「第7波」収束後に「2類相当」から見直す方向だ。世間でも「1度感染したからもう大丈夫」「ワクチンを打ったから、またかかっても軽症だろう」という空気が広がっている。が、そう弛緩してはならないようだ。

 2020年1月に国内初の感染者が確認されて以来、新型コロナの累計の新規感染者数は約1300万人に達した。

 ワクチンの3回目接種が進んだこともあり、感染を経験した人々の間には「また感染しても軽症ですむだろう」という空気も広がっている。

 だが油断は禁物である。都内在住の男性(45)は、「2回目のほうがキツかった」と語る。

「昨年6月に初めて感染しましたが、今年3月に3回目のワクチンを打って安心していたんです。しかし5月中旬に喉がイガイガして念のため検査したら再び陽性でした。39度の熱が3時間ほど出て、解熱剤を飲んだら収まった1回目の感染と比べて、2回目は38度の高熱が数日続いた上、夜中に喘息の発作のような咳が出て焦りました。幸い悪化はしませんでしたが、正直、2回目のほうが症状はひどかった。2回感染後には、嗅覚が昔と比べて鈍感になった気がします。複数回感染した場合の後遺症の情報はまだ見当たらないですし、本当に大丈夫なのかなと不安があります」

 今年4月に2回目の感染をしたお笑い芸人の東貴博(52)も自身のブログで〈前回は全くの無症状 今回は声枯れと微熱〉と2度目の症状のほうが重くなったことを報告している。

 第7波の感染爆発により多くの人の再感染が現実味を帯びる中、医療関係者が注目する研究がアメリカで発表された。

 米セントルイス・ワシントン大学のジャド・アルアリー博士らの研究チームが米退役軍人省の医療データベースを用いて分析したもので、コロナに1回だけ感染した約26万人、2回以上感染した約3万8000人の健康記録を未感染の約530万人のデータと比較した。

 その結果は、コロナに2回以上感染した群は1回だけ感染した群と比べ、直近の感染から6か月以内に死亡するリスクが約2.1倍、入院するリスクが約3倍高くなった。さらに後遺症を抱えるリスクも約1.8倍高くなったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン