国内

高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)

 高市早苗・経済安全保障担当相が8月14日夜、自身のツイッターに投稿した「入閣への不満」が物議を醸している。

「組閣前夜に岸田(文雄)総理から入閣要請のお電話を頂いた時には、優秀な小林鷹之大臣の留任をお願いするとともに、21年前の掲載誌についても報告を致しました。翌日は入閣の変更が無かったことに戸惑い、今も辛い気持ちで一杯です」と投稿し、自身の入閣に不満を漏らした。

 高市氏は今回の内閣改造・党役員人事で自民党政調会長からスライドし、経済安保担当相に就任。記者会見で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関連の「世界日報」が発行する月刊誌に対談が掲載されていたことを認めた。

 この投稿について、「旧統一教会との関係についての反省や小林前大臣への同情もあるだろうが、それよりも今回の改造人事への不満が露呈しているのではないか」とベテラン政治ジャーナリストは見る。

「高市氏は、政調会長という党3役の重要ポストから、人事権のない特命大臣に“格下げ”されたことに不満を抱いていた。前大臣からの引き継ぎ式を中止し、内閣府職員へのあいさつ式も欠席したのもそのせいではないかと言われています。今回の投稿も、岸田総理に対する当てつけという側面があることは否めません」

 今回の投稿の裏には、自身に代わって政調会長となった萩生田光一・前経産相に対する痛烈なメッセージも潜んでいるといられている。

「亡くなった安倍晋三・元総理の政治理念を最も強く引き継いでいると自負する高市氏にとって、現在、安倍派の後継候補と目される萩生田氏に政調会長を奪われたことは相当に悔しかったことでしょう。萩生田氏は旧統一教会系のイベントに登壇したり、旧統一教会の関連団体に会費を払っていたことが明らかになっている。その萩生田氏が政調会長に抜擢されたことへの不満が投稿に表われているのではないでしょうか。

 高市氏のツイッターでは、旧統一教会系の月刊誌のことは認めつつ、『旧統一教会との接点の有無については、アンケートも多数届いており、政調会長在任中から徹底的に調べていました』『選挙応援無し。行事出席無し。金銭のやり取り無し。祝電も当事務所が手配した記録は無しでした』と自身は関係がなかったことをアピールしています。

 要するに、『自分は萩生田氏と違って潔白だ』ということでしょう。いわば“肉を切らせて骨を断つ”戦法で、旧統一教会問題で党に揺さぶりをかけたわけです」

 爆弾投稿は自民党内にどんな波紋を広げるのか。

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン