芸能

『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以

小栗旬主演で話題の『鎌倉殿の13人』(HPより)

小栗旬主演で話題の『鎌倉殿の13人』(HPより)

 小栗旬主演、三谷幸喜脚本で話題を集めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。多くの人気役者が出演しているが、コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが注目するのは、14日から登場している生田斗真(37歳)だ。その注目ポイントについてペリーさんが解説する。

 * * * 
『鎌倉殿の13人』は、二代将軍・源頼家(金子大地)が病で昏睡状態の中、ついに北条家と比企一族が激突! 比企能員(佐藤二朗)が殺され、屋敷を襲撃された一族は滅ぼされた。この件で、義時は、真っ先に比企で育てられている頼家の幼い息子・一幡を殺せと命じている。暗い廊下をのしのしと歩く甲冑姿の義時は、のんきな田舎武将の次男坊とは別人。すっかりダークサイドの男になっている。

 が、ここで気になるのは、この回についに「あの男」が出てきたこと。それは、京にいる源仲章(生田斗真)だ。鎌倉の権力拡大を阻止したい後鳥羽上皇(尾上松也)の側近である仲章は、前回討伐された頼朝の弟・全成(新納慎也)と北条の娘・実依(宮澤エマ)の息子で、京の寺にいた頼全を父の陰謀に加担したとして誅殺してしまった。

 このことが北条と比企の争いの大きなきっかけとなったのだ。仲章は品のよさそうなイケメンだが、細いヒゲからして、どこか怪しげ。血を流し、首をはねられる頼全を見て、舌打ちはするわ、ベーっと嫌な顔はするわ、とっても感じが悪いのである。これまでドラマではあまり詳しく描かれてこなかった仲章を生田斗真が演じることに、何かが起きる予感がする。

 史実では、この男はとても重要な場面に登場する。頼家の後、三代将軍となった弟の源実朝(千幡)。実朝については、政治を顧みず、和歌や蹴鞠など京の文化に傾倒、もののけに悩まされ、酒におぼれるようになったなど、悪評もいろいろある。都から乗り込んできた仲章が、実朝の日常にどう関わっていたのかも気になるところだ。

 そして、実朝が、右大臣に任じられたことを祝う儀式の日。雪が積もる中、鶴岡八幡宮に参詣した実朝を公暁が襲撃、殺害するという大事件が起きる。公暁は、頼家の子・善哉。歴史書『愚管抄』によると、公暁が実朝に「一ノ刀」を浴びせた際、「親の仇をとる」と叫んだのを多くの者がはっきり聞いたという。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン