芸能

『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以

小栗旬主演で話題の『鎌倉殿の13人』(HPより)

小栗旬主演で話題の『鎌倉殿の13人』(HPより)

 小栗旬主演、三谷幸喜脚本で話題を集めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。多くの人気役者が出演しているが、コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが注目するのは、14日から登場している生田斗真(37歳)だ。その注目ポイントについてペリーさんが解説する。

 * * * 
『鎌倉殿の13人』は、二代将軍・源頼家(金子大地)が病で昏睡状態の中、ついに北条家と比企一族が激突! 比企能員(佐藤二朗)が殺され、屋敷を襲撃された一族は滅ぼされた。この件で、義時は、真っ先に比企で育てられている頼家の幼い息子・一幡を殺せと命じている。暗い廊下をのしのしと歩く甲冑姿の義時は、のんきな田舎武将の次男坊とは別人。すっかりダークサイドの男になっている。

 が、ここで気になるのは、この回についに「あの男」が出てきたこと。それは、京にいる源仲章(生田斗真)だ。鎌倉の権力拡大を阻止したい後鳥羽上皇(尾上松也)の側近である仲章は、前回討伐された頼朝の弟・全成(新納慎也)と北条の娘・実依(宮澤エマ)の息子で、京の寺にいた頼全を父の陰謀に加担したとして誅殺してしまった。

 このことが北条と比企の争いの大きなきっかけとなったのだ。仲章は品のよさそうなイケメンだが、細いヒゲからして、どこか怪しげ。血を流し、首をはねられる頼全を見て、舌打ちはするわ、ベーっと嫌な顔はするわ、とっても感じが悪いのである。これまでドラマではあまり詳しく描かれてこなかった仲章を生田斗真が演じることに、何かが起きる予感がする。

 史実では、この男はとても重要な場面に登場する。頼家の後、三代将軍となった弟の源実朝(千幡)。実朝については、政治を顧みず、和歌や蹴鞠など京の文化に傾倒、もののけに悩まされ、酒におぼれるようになったなど、悪評もいろいろある。都から乗り込んできた仲章が、実朝の日常にどう関わっていたのかも気になるところだ。

 そして、実朝が、右大臣に任じられたことを祝う儀式の日。雪が積もる中、鶴岡八幡宮に参詣した実朝を公暁が襲撃、殺害するという大事件が起きる。公暁は、頼家の子・善哉。歴史書『愚管抄』によると、公暁が実朝に「一ノ刀」を浴びせた際、「親の仇をとる」と叫んだのを多くの者がはっきり聞いたという。

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン