国内

詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」

吉羽美華容疑者(ブログより)

吉羽美華容疑者(ブログより)

〈私、渡部秀規は、吉羽美華に以下を宣誓し、念書として記録するものである〉〈1. 愛情を無垢に与える〉〈2. 愛情を持って、金銭だけでなく、心身ともに幸せにする〉〈10. 双方に、常に素直になり、あまのじゃくにならず、やきもちも表現する〉──なんとも甘酸っぱいフレーズが並ぶ4枚の紙がある。〈宣誓書 兼 念書〉と題され、40条にも及ぶ取り決めが並ぶ。〈宣誓者〉は渡部秀規、〈受任者〉は吉羽美華。この2人は今月、詐欺容疑で逮捕され、「美しすぎる市議による詐欺事件」として世間を騒がせている当事者たちだ。

 大阪府寝屋川市議の吉羽容疑者(42)と無職の渡部容疑者(48)ら男女5人はコロナ禍で経営が悪化した医療・福祉施設に対し、独立行政法人「福祉医療機構(WAM)」が資金を融資する制度の仲介を装い、「手数料」の名目で5940万円を詐取した疑いが持たれている。同様の被害にあったとの声は多く、警察は余罪を捜査中で、総額10数億円になる可能性もあると見て調べを進めている。

 吉羽容疑者は2007年に寝屋川市議に初当選。2選後は国政に挑戦し、2012年には当時の民主党で衆院選、2013年には新党大地で参院選、2017年には希望の党から衆院選に出馬するものの、いずれも落選。2019年に寝屋川市議選に再挑戦し当選、市議として再スタートを切っていた。過去には写真集も発売していて、「美人すぎる議員」として話題にもなった。

 吉羽容疑者らが関係した疑惑については昨年から情報が寄せられており、NEWSポストセブンでも取材を進めていた。今回、吉羽、渡部両容疑者の2人と直接返金について交渉していた関係者から話を聞くことができた。

「2020年夏、知人の医療機関経営者が吉羽、渡部のいう『WAMの融資金は返す必要がない』という話を信じてしまい、お金を渡してしまっていました。相談を受け、2人に渡した手数料を取り返そうと個人的に動いていました。

 渡部は接触が難しかったが、ある日を境にして渡部と仲違いした吉羽とは定期的に連絡をとれるようになり、返金の交渉を続けていました。吉羽は『自分も(渡部容疑者から)手数料をもらっていなくて困っている』などと不満を口にしていた。本当にそう思っていたのかはわかりませんが、吉羽は『私も被害者』だというように渡部への不満を漏らしていました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト