国内

鈴木エイト氏「いいように利用する政治家が許せなかった」旧統一教会追及の原点を語る

2000年代から実際に信者の勧誘員と接触し、旧統一教会の実態を調査してきたジャーナリストの鈴木エイト氏

2000年代から旧統一教会の実態を調査してきたジャーナリストの鈴木エイト氏

 今ワイドショーで見ない日はないジャーナリストの鈴木エイト氏。旧統一教会の問題を追及し続ける鈴木氏だが、1990年代に「霊感商法」や「合同結婚式」が大きく取り上げられて以降、世間的な注目度は皆無に等しかった。そんななか、なぜ彼は圧力に屈せず闘ってこられたのか。

 * * *
 ジャーナリストの鈴木エイト氏は、2000年代から実際に信者の勧誘員と接触し、旧統一教会の実態を調査してきた。

「2002年に渋谷駅の南口で偶然、信者が手相の勉強と言って勧誘しているシーンを見たんです。私には一応身内に信者がいてもともと興味があったので、『あ、これが統一教会の勧誘だ』と思って反射的に割って入ったんですが、これが最初のきっかけでした。

 勧誘していた信者の話を聞くと、『勧誘の入り口でたとえ嘘をついても、結果として正しい神の道に導いてあげることがその人のためになる』と純粋に信じているんです。単純な詐欺とは違って、巧妙にマインドコントロールされた信者たちが、教会による搾取の被害者になっていた」

 個人的に調査を始めてから7年ほどは自身のブログに活動を記す程度だったが、その間に「統一教会と政治家の関係を追及しなければいけない」と思うに至るきっかけとなる出来事があった。

「ある無名の政治家が統一教会に通って、地方教会の青年信者たちを選挙運動にフル活用し、区議選にトップ当選したんです。『選挙応援を手伝った』という青年信者に話を聞いて追及を始めたのですが、その途端にその議員は『全く知らなかった、統一教会だとわかっていたら付き合いませんでした』と態度を翻したんですよ。

 完全にどういう団体かわかって利用し、多大な支援を受けていたにもかかわらず、関係を疑われた瞬間に“ポイ捨て”した。大元の組織の意図は別にしても、信者たちは、純粋な思いで選挙応援をしているわけです。教会も悪いが、それをいいように利用する政治家にひどく憤りを感じた」

時給換算で数百円

 2009年からジャーナリストとして本格的に取材活動を始めたが、世間からの後押しは皆無といってよかった。

「この10年、継続して報道していたのは僕だけでした。メディアが完全に自主規制をしていて、一般のバラエティ番組であっても“カルト”という言葉すら簡単に使えなかった。実際に統一教会を扱うと、教団側から執拗なクレームが来るから、『面倒な案件には触れないでおこう』という意識は確実にあったでしょう。僕自身が教会側からマークされていたので、雑誌社で記事を書こうとしても『統一教会ネタ、政治家ネタはNG』と言われる媒体も複数ありました。

 正直、原稿料などは取材と執筆に費やした時間や労力と比べると微々たるもので、時給換算で数百円程度でした。それでも出してくれたほうだとは思うんですけどね。出版社に何度も届く統一教会からの仮処分申し立てなども頻繁にあり、割のいい仕事とは決して言えませんでした」

関連記事

トピックス

櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン