国内

生稲晃子参議院議員とおニャン子クラブの元メンバーたちの“シアワセ比べ”

窮地の生稲氏(時事通信フォト)

「生稲さんはタレントとしても苦労をしてきた」と山田さん(時事通信フォト)

 先の参院選で初当選した、おニャン子クラブの元メンバーである生稲晃子・参議院議員(54才)。ほかの元メンバーたちは今、どうしているのか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

 * * *

生稲さんはタレントとしても苦労してきた

「暑かったので、顔を直すこととか、自分が何を話すか間違えないように必死で」とは、旧統一教会の施設訪問報道を受けて8月18日、“ぶらさがり”に応じた生稲晃子参議院議員の弁です。

 汗くずれが気になっちゃったのですね。選挙戦中も半袖ポロシャツに合わせてアームカバーで日焼け防止。投開票日の7月10日、予想より遅かった当確に「本当によかった」とコメントした声はまったく枯れていませんでした。ここでもタレント気分が抜けず、声の温存に徹していたのでしょうか。女性議員特有の「〜であります」という言葉遣いがまだ身についていないのは個人的には好感が持てますけれど、旧統一教会問題以外にも問題山積の生稲さんです。

 匿名を条件とした“身内”から「国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないから」選挙特番に生出演しない……との声が聞こえたのは、投開票日の『池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)でのこと(直後、生稲さんの広報担当を務めていた、元テレビ朝日アナウンサーでプロレスデビューもした都議会自民党の川松真一朗議員・41才が猛抗議)。その前にも、各局・各紙からのアンケートでの“無回答”や“コピペ”が問題視されていた生稲さんは、初登院の日も、おニャン子時代からの男性ファンが集まる正門を避け、北門からひっそり登院したことにも批判が。さらに音楽業界4団体が生稲さんと今井絵理子議員(38才)の支援を表明してからは、同業者からも少なからず批判の声があがっているのです。

 実はタレントとしても、なかなかの苦労をしてきた生稲さん。「ホリプロスカウトキャラバン」と「ミス南ちゃんコンテスト」での“落選”を経て、「おニャン子クラブ」のオーディションを受けたそうです。

 会員番号40番の生稲さんは、すでに“おニャン子ブーム”が確立されてからのメンバー。内海和子サン(55才)や、人気絶頂期に「歯科衛生士になる」ため電撃卒業した中島美春さん(54才)、そして人気ナンバーワンだった新田恵利サン(54才)ら素人っぽさを売りにするメンバーが前列を占めていた頃に比べると、プロ臭がただよっていたものです。

 後にネプチューンの名倉潤サン(53才)と結婚する“元祖・意識高い系タレント”渡辺満里奈サン(51才)のバックコーラスに工藤静香サン(52才、説明は不要ですね)とつき、その工藤サン、斉藤満喜子さん(51才)との「うしろ髪ひかれ隊」を経てソロ歌手へ。女優として大御所からかわいがられ、ご主人と切り盛りする庶民的な鉄板焼き店へのテレビや雑誌からの取材依頼に協力的だった生稲さんは、超売れっ子ではないものの好感度は抜群でした。

 42才のときに乳がんが判明、実は5度の手術を受けていたことを「ピンクリボン」のイベントで告白。「心理カウンセラー」になり、その後、「働き方改革実現会議」の有識者委員に選出され、今春は、有名美容室チェーン『田谷』の社外取締役にもなっていた生稲さんに対し、安倍元首相が「擁立」に動いたのは自然な流れだったと言えましょう。

 そんな生稲さんきっかけで、元おニャン子クラブのメンバーの“いま”が、そこかしこで取り沙汰されています。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン