スポーツ

投手・大谷翔平vs村上宗隆が実現したら?現時点では「大谷有利」の声多数

夢の対決が実現したら…(時事通信フォト)

夢の対決が実現したら…(時事通信フォト)

 エンゼルス・大谷翔平(28)とヤクルト・村上宗隆(22)がもし戦わば……野球ファンならぜひ見てみたい対決ではないだろうか。今季三冠王も射程圏の村上が近い将来、メジャーに挑戦する可能性は十分あり得るだろう。

 もし村上がメジャーに移籍して定位置を取れば、投手・大谷vs村上の「夢の対決」が見られるかもしれない。

 今季の投手・大谷は11勝8敗で防御率は2.67。投球回128回でリーグ4位の176奪三振と驚異の成績を残している(8月27日終了時点)。

 日本球界の最強打者・村上と相対した場合、どちらに軍配が上がるのか──野球評論家・前田幸長氏はこう語る。

「今すぐに対戦すれば、流石に大谷でしょう。日本にも球速のあるピッチャーはいますが、メジャーの投手の平均球速は日本より7~8kmは速いうえに、大谷はそのなかでもトップクラスの直球を持っています。大谷を打つためにはある程度の慣れが必要になるはずです」

 大谷は直球だけでなく、落差の大きい140km台のフォークやタイミングを外す緩いカーブなどの変化球も超一級品だ。そのなかでも特に今年は投球全体の40%以上を占めるスライダー系の球種で多く空振りを奪い、勝利を積み上げている。“魔球”とも呼ばれる決め球だ。

 野球評論家の江本孟紀氏は「このスライダー系のボールに村上は苦しめられるだろう」と語る。

「面白い対戦になることは間違いない。ですが、大谷は日本のピッチャーには投げられないような横に大きく曲がるスライダーを駆使する。さらには速いスライダー、遅いスライダーと自由自在に操れる。いかに村上でもこれを打つのは大変だと思いますよ。

 村上はオールスターで全球直球勝負だった佐々木朗希(20)のボールをはじき返していましたが、速い球と独特の変化をするスライダーで組み立てられたらまず打てない。ましてやセ・リーグだと佐々木のようなピッチャーと対戦する機会さえ限られる。大谷に分があるんじゃないでしょうか」

 大谷有利との見方が大勢のなか、大谷はさらに武器を増やしている。8月16日のマリナーズ戦では新球・ツーシームを披露。シュート気味の動く変化球で右打者を詰まらせる場面もあった。

 ますます投球に磨きがかかる大谷。村上が打つことはどんどん難しくなりそうだが、元約ヤクルトのエースで1998年に沢村賞を獲得した川崎憲次郎氏はこんな見方を示す。

「村上君も力負けはしないでしょう。どっちに分があるとも言いづらい。ただ、村上君には“右投手は左バッターに対してシンカー系の球を投げれば、引っかけさせて打ち取れる”とのセオリーが通用しないという強みがある。もしかしたら大谷君のシュート気味に曲がるツーシームへは対処できるかもしれませんね」

 今季、村上が49本の本塁打のうち32本を右投手から放っているのに対し、大谷は左打者により打たれている。昨年は15被弾のうち、12本が左打者からで、今季も14被弾のうち8本を左打者から浴びている。右投手には左打者のほうが有利というセオリーは、最強レベルの2人についても言えるわけだが、この傾向が実際に対戦した時に当てはまるのかも見ものだ。

 日本人頂上決戦が実現する日が、今から楽しみでならない。

※週刊ポスト2022年9月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン