芸能

フジ宮司愛海アナ、後輩からは尊敬通り越し「信奉」される存在に 自らに課した厳しいルール

フジ宮司愛海アナが恵比寿で「親密ハグ」デート

フジ宮司愛海アナが恵比寿で「親密ハグ」デート

 フジテレビの宮司愛海アナ(31)が、9月いっぱいで降板するフリーアナウンサー・加藤綾子(37)の後任として報道番組『Live Newsイット!』のメインキャスターになることが発表された。フジテレビ関係者はその事情についてこう話す。

「『イット!』は、カトパンを鳴り物入りで投入したにもかかわらず、視聴率が低迷。テコ入れを図りたい上層部が白羽の矢を立てたのが、宮司アナでした。

 彼女は情報番組からバラエティー、スポーツまで、そつなくすべてをこなせるんです。アナウンス技術が高いのはもちろんですが、褒め上手で人をのせるのが上手いから、取材対象者も自覚していなかったようなエピソードまで引き出すことができる。

 時に踏み込みすぎて相手を怒らせることがあっても、その後のフォローが完璧で、後輩アナたちからも尊敬を通り越して“信奉”されているほど。そういう点からも『彼女ならイケる』と上層部が判断した」

 しかし、この“報道の顔”への大抜擢は、本人の意向とは違うようだ。

「『めざましテレビ』という情報番組のフィールドからスポーツ番組『S-PARK』へ異動となった際、彼女はスポーツについて全然知らなかった。ところが、持ち前の探求心であらゆるスポーツのルールや専門用語などをすべて勉強し、気が付けば5年足らずで『フジテレビで一番スポーツに詳しい女子アナ』になっていた。

 2021年の東京オリンピックや2022年の北京オリンピックではフジテレビ系列の競技中継とハイライトを任された。各競技の選手からはもちろん、ずっとスポーツを専門に取材していた古参のディレクターたちからの信頼も厚く、これから同局のスポーツ報道を担っていくのは宮司アナだと誰もが思っていましたし、本人もそう思っていたはずです。今回の『イット!』への異動は本人としても驚きだったのではないでしょうか」(同前)

 だが、別のフジテレビ関係者は「今回の異動によって、宮司アナのアナウンサーとしての幅がより広がることになる」と言う。

「彼女のすごいところは、『頑張れ』や『すごい』『応援しています』など、ありふれた言葉を使わず、すべて自分の表現にして話すという厳しいルールを自分に課しているところ。いつもメモを取り、『その時に自分はどう思ったのか』を書きつらねているのです。あの年齢で、そこまで自分に向き合える人はいない。

 報道の分野でも、『ただニュースを読み上げるのではなく、彼女自身の言葉でニュースを伝えられるはず』という期待から『イット!』に抜擢された。現在の彼女は間違いなく、フジテレビのエース。今後は、報道からスポーツまで幅広くカバーできる、『局の屋台骨』になっていくことは間違いありません」(同前)

 自身のインスタグラムでは、番組の時に着ていた衣装や私服を掲載したり、髪を切ったことを細かく報告するなど、ファッションアイコンとしても人気を集めている宮司アナ。「新たな顔」も楽しみだ。

関連記事

トピックス

『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
元乃木坂46の伊藤万理華の演技に注目が集まっている(公式HPより)
《難役が高評価》異例のNHK総合W出演、なぜ元乃木坂・伊藤万理華は重用されるのか 将来的には朝ドラ起用の可能性も
NEWSポストセブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
報道陣の問いかけには無言を貫いた水原被告(時事通信フォト)
《2021年に悪事が集中》水原一平「大谷翔平が大幅昇給したタイミングで“闇堕ち”」の新疑惑 エンゼルス入団当初から狙っていた「相棒のドル箱口座」
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
大谷翔平の妻・真美子さんの役目とは
《大谷翔平の巨額通帳管理》重大任務が託されるのは真美子夫人か 日本人メジャーリーガーでは“妻が管理”のケースが多数
女性セブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン