芸能

フジ宮司愛海アナ、後輩からは尊敬通り越し「信奉」される存在に 自らに課した厳しいルール

フジ宮司愛海アナが恵比寿で「親密ハグ」デート

フジ宮司愛海アナが恵比寿で「親密ハグ」デート

 フジテレビの宮司愛海アナ(31)が、9月いっぱいで降板するフリーアナウンサー・加藤綾子(37)の後任として報道番組『Live Newsイット!』のメインキャスターになることが発表された。フジテレビ関係者はその事情についてこう話す。

「『イット!』は、カトパンを鳴り物入りで投入したにもかかわらず、視聴率が低迷。テコ入れを図りたい上層部が白羽の矢を立てたのが、宮司アナでした。

 彼女は情報番組からバラエティー、スポーツまで、そつなくすべてをこなせるんです。アナウンス技術が高いのはもちろんですが、褒め上手で人をのせるのが上手いから、取材対象者も自覚していなかったようなエピソードまで引き出すことができる。

 時に踏み込みすぎて相手を怒らせることがあっても、その後のフォローが完璧で、後輩アナたちからも尊敬を通り越して“信奉”されているほど。そういう点からも『彼女ならイケる』と上層部が判断した」

 しかし、この“報道の顔”への大抜擢は、本人の意向とは違うようだ。

「『めざましテレビ』という情報番組のフィールドからスポーツ番組『S-PARK』へ異動となった際、彼女はスポーツについて全然知らなかった。ところが、持ち前の探求心であらゆるスポーツのルールや専門用語などをすべて勉強し、気が付けば5年足らずで『フジテレビで一番スポーツに詳しい女子アナ』になっていた。

 2021年の東京オリンピックや2022年の北京オリンピックではフジテレビ系列の競技中継とハイライトを任された。各競技の選手からはもちろん、ずっとスポーツを専門に取材していた古参のディレクターたちからの信頼も厚く、これから同局のスポーツ報道を担っていくのは宮司アナだと誰もが思っていましたし、本人もそう思っていたはずです。今回の『イット!』への異動は本人としても驚きだったのではないでしょうか」(同前)

 だが、別のフジテレビ関係者は「今回の異動によって、宮司アナのアナウンサーとしての幅がより広がることになる」と言う。

「彼女のすごいところは、『頑張れ』や『すごい』『応援しています』など、ありふれた言葉を使わず、すべて自分の表現にして話すという厳しいルールを自分に課しているところ。いつもメモを取り、『その時に自分はどう思ったのか』を書きつらねているのです。あの年齢で、そこまで自分に向き合える人はいない。

 報道の分野でも、『ただニュースを読み上げるのではなく、彼女自身の言葉でニュースを伝えられるはず』という期待から『イット!』に抜擢された。現在の彼女は間違いなく、フジテレビのエース。今後は、報道からスポーツまで幅広くカバーできる、『局の屋台骨』になっていくことは間違いありません」(同前)

 自身のインスタグラムでは、番組の時に着ていた衣装や私服を掲載したり、髪を切ったことを細かく報告するなど、ファッションアイコンとしても人気を集めている宮司アナ。「新たな顔」も楽しみだ。

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン