芸能

香川照之 “女性蔑視”の背景にある母・浜木綿子への複雑な思いと「復讐心」

女性軽視の言動の原点は

”女性軽視”の言動の原点は

“香川切り”が相次いでいる。トヨタ自動車、アリナミン製薬、サントリーなどのCMは打ち切りが決定。彼を起用する全7社中6社との契約が消滅した。

 当初は続投が噂されていた朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)の金曜日のレギュラーMCも、あえなく降板となった。

「この10月から始まる日曜劇場『アトムの童』(TBS系)では、香川さんが山﨑賢人さん(27才)演じる主人公の敵役として出演することが9月初旬に発表される予定でしたが、延期になった。撮影はすでに始まっていますが、香川さんはまだそこまで多くのシーンを撮影していないため、『代役を』という声も大きくなっています」(TBS関係者)

『週刊新潮』(2022年8月25日発売号)が報じた、香川照之(56才)の銀座のクラブホステスへの性加害疑惑。香川の蛮行により、女性はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ったという。

「3年前の出来事で、女性が勤務していたクラブに対して起こした損害賠償訴訟も、昨年すでに取り下げられている。しかし、女性蔑視のひと言では済ませられない傍若無人な振る舞いに、女性を中心に拒絶反応が広がっています」(広告代理店関係者)

 この報道の前まで香川は東大卒のインテリで、「彼にしかできない演技」をする名優として高く評価されていた。

 2012年には46才にして「九代目市川中車」を襲名し、歌舞伎俳優に。歌舞伎の世界では幼い頃から芸を身につけてきた役者が揃うなか、経験ゼロからのスタートだったが、周囲は彼を「並外れた努力家」と評し、称賛した。

 中高時代の同級生は、香川についてこう語る。

「香川は中1から高1まで『優秀クラス』にいました。優秀クラスは180人の学年の中でも上位40名の生徒だけが選ばれる。

 その学年で東大に合格したのは9人でしたが、香川は学年トップ。卒業式ではいちばん優秀な生徒に贈られる賞をもらっていました。勉強ができたら運動が苦手、といったことがあると思いますが、彼は全部できましたね」

 しかし、香川を知る映画関係者によると、彼は若い頃から「女性に対する復讐心」を持っていた節があるという。

 香川は1965年、歌舞伎役者の二代目市川猿翁(当時は三代目市川猿之助・82才)と女優・浜木綿子(86才)の間に生まれた。しかし、両親はすぐに別居し、1968年に正式に離婚した。

 父は既婚の女優・藤間紫と駆け落ち同然で同棲生活を続け、2000年に正式に結婚した。

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン