芸能

宮沢りえと森田剛 互いの呼び方は「宮沢さん」「剛ちゃん」良好な夫婦関係

宮沢りえと森田剛の夫婦仲は良いという

宮沢りえと森田剛の夫婦仲は良いという(写真は2021年)

《生きていると、光もあって。影もある。でも、影には、光の兆があるのかもね》。8月下旬、自身のインスタグラムに意味深長な言葉を綴ったのは宮沢りえ(49才)。彼女はいま、近畿地方のある町で新作映画の撮影に取りかかっている。

「数年前、日本で実際に起きた大量殺人事件を題材にした社会派の問題作で、公開は来年以降になる予定。シリアスな難役に挑むりえさんは、一日の撮影が終わるたびに深く考え込んでしまうほどだといいます」(映画関係者)

 現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、義時の継母・りくを熱演するりえ。美しい垂れ髪も評判を呼んだが、前述の出演映画では一転、髪を短く切り大胆にイメチェン。9月7日のインスタでも鮮烈なベリーショート姿を披露した。

「7月頃に髪を短くしたことを報告したばかりですが、今回は前髪をばっさり切って“オン眉”に。それが一段とかわいらしく、現場でも撮影の張り詰めた空気が明るくなると好評です」(前出・映画関係者)

 昨年12月に、座長を務めた舞台『泥人魚』の公演も盛況を博し、女優として円熟の域に達した感もあるりえ。一方、夫の森田剛(43才)の活動も軌道に乗りつつある。

「昨年11月の独立後、りえさんと共に新事務所『MOSS』を設立。舞台を中心に俳優活動を行ってきましたが、妻夫木聡さんを育てたベテランマネジャーもサポートに付き、今後は活動の幅を広げて行く予定だといいます。すでに地上波の大きな仕事が内定しているそうです」(芸能関係者)

 さらに強力な後押しとなったのが、社長でもあるりえの存在だった。

「今年6月、映像作家のOSRINさんを取り上げた『情熱大陸』(TBS系)に、森田さんの仕事の打ち合わせに立ち会う真剣な表情のりえさんの姿が映っていました。森田さんを役者として高く評価するりえさんは、彼に届いた映画やドラマの台本を読み込み、ここぞという作品には猛プッシュして“売り込む”こともあるそうです」(前出・芸能関係者)

 番組では、りえが何げなく森田を「剛ちゃん」と呼ぶ場面も話題になった。一方で、夫は妻を意外な名で呼んでいる。

「2018年に結婚して以来、夫婦仲のよさは周囲の誰もが認めるところ。森田さんは外では彼女を『宮沢さん』と呼び、社長としても、役者の先輩としても敬意を払っているようです」(舞台関係者)

 森田は結婚を機に姓を“宮澤”に変えているのだが……。夫婦の呼び名が“いびつ”なのは、森田がオンとオフをしっかり分けているからだろう。家族の前で見せる顔はまた違うようだ。

 りえには前夫との間に生まれた13才の娘がいるが、森田とも結婚前から良好な親子関係を築いているという。

「娘さんは写真や絵画が好きで、りえさんと共著で絵本を出版したことも。りえさんのインスタグラムや森田さんのツイッターにも時々、娘さんが撮影した前衛的な写真がアップされています。よく母不在で父と娘だけで“デート”する姿も目撃されていますよ」(スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン