スポーツ

スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い

香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)

香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)

 巨人生え抜きのスター選手・坂本勇人(33)の女性スキャンダル。9月10日付の『文春オンライン』は、坂本が20代女性に繰り返し性行為を要求し、女性が妊娠すると「本当は今すぐ堕ろせよって言いたい」などと発言したと報じた。そうしたなかで奇妙だったのが、「大メディア」の反応だ。坂本のスキャンダルに対し、テレビ局、スポーツ各紙は完全スルーを決め込んだのだ。

 一連の騒動の違和感に拍車をかけたのが、騒動直前に批判の嵐だった俳優・香川照之との扱いの違いだろう。

 銀座のクラブでホステスにセクハラした香川はテレビやスポーツ紙でも糾弾され、CMや番組の降板に追い込まれた。

 香川と坂本を大きく分けたのは「スポンサー」の違いだと考えられる。

 香川はトヨタやサントリーといったナショナルクライアントのCM、TBSの朝の情報番組などを担当し、社会的に責任を取ることを強く求められた。降板が相次いだのもスポンサーの厳しい対応ゆえのことだ。

 一方、個人事業主の野球選手である坂本にとってスポンサーと言えるのは読売巨人軍の親会社である読売新聞社や傘下の報知新聞、日本テレビくらいのもの。巨大なメディア・コングロマリットである読売グループが“沈黙”を決め込めば、他メディアが進んで糾弾するのは難しいようだ。

「香川さんの場合、大手企業が次々と反応したことで記事にできたが、坂本は球団の対応がないから書きにくい。系列紙の報知が坂本のインタビューを載せたり球団内部のことを書けば追随したが、それもなかった。どの社も『先頭を走りたくない』と思って報知が書くまで待っている状況ではないか。それこそが球団側が望んでいる状況かもしれませんが」(在京のスポーツ紙デスク)

 元博報堂社員で作家の本間龍氏は巨人と大メディアの間に漂う「なあなあの関係」を指摘する。

「スポーツメディアは球団からもらう情報を飯のタネにしているわけで、球団と仲違いする理由がない。今季の巨人はボロボロなのに、原監督を批判しないのもそういう背景があるからでしょう。選手が刑事事件を起こしたら報じるでしょうが、それ以下のレベルなら“放っておけばいい”と思っている。香川照之が袋叩きになって坂本勇人が叩かれないのは、巨人という名前に守られているから。坂本を叩きすぎると巨人との関係が悪化することをメディアは恐れているのでしょう」

 2021年1月に遠征先での不倫や虚偽報告を報じられ、その後球団から契約を解除されたロッテの清田育弘の際は、各スポーツ紙や昼のワイドショーでも盛んに報じられた。

「坂本とは扱いがまったく違いました。このケースはロッテが厳正な処分を下したことが“ゴーサイン”になった」(前出・スポーツ紙デスク)

 ちなみに、この騒動についてはスポーツ報知も度々報じていた。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン