スポーツ

スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い

香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)

香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)

 巨人生え抜きのスター選手・坂本勇人(33)の女性スキャンダル。9月10日付の『文春オンライン』は、坂本が20代女性に繰り返し性行為を要求し、女性が妊娠すると「本当は今すぐ堕ろせよって言いたい」などと発言したと報じた。そうしたなかで奇妙だったのが、「大メディア」の反応だ。坂本のスキャンダルに対し、テレビ局、スポーツ各紙は完全スルーを決め込んだのだ。

 一連の騒動の違和感に拍車をかけたのが、騒動直前に批判の嵐だった俳優・香川照之との扱いの違いだろう。

 銀座のクラブでホステスにセクハラした香川はテレビやスポーツ紙でも糾弾され、CMや番組の降板に追い込まれた。

 香川と坂本を大きく分けたのは「スポンサー」の違いだと考えられる。

 香川はトヨタやサントリーといったナショナルクライアントのCM、TBSの朝の情報番組などを担当し、社会的に責任を取ることを強く求められた。降板が相次いだのもスポンサーの厳しい対応ゆえのことだ。

 一方、個人事業主の野球選手である坂本にとってスポンサーと言えるのは読売巨人軍の親会社である読売新聞社や傘下の報知新聞、日本テレビくらいのもの。巨大なメディア・コングロマリットである読売グループが“沈黙”を決め込めば、他メディアが進んで糾弾するのは難しいようだ。

「香川さんの場合、大手企業が次々と反応したことで記事にできたが、坂本は球団の対応がないから書きにくい。系列紙の報知が坂本のインタビューを載せたり球団内部のことを書けば追随したが、それもなかった。どの社も『先頭を走りたくない』と思って報知が書くまで待っている状況ではないか。それこそが球団側が望んでいる状況かもしれませんが」(在京のスポーツ紙デスク)

 元博報堂社員で作家の本間龍氏は巨人と大メディアの間に漂う「なあなあの関係」を指摘する。

「スポーツメディアは球団からもらう情報を飯のタネにしているわけで、球団と仲違いする理由がない。今季の巨人はボロボロなのに、原監督を批判しないのもそういう背景があるからでしょう。選手が刑事事件を起こしたら報じるでしょうが、それ以下のレベルなら“放っておけばいい”と思っている。香川照之が袋叩きになって坂本勇人が叩かれないのは、巨人という名前に守られているから。坂本を叩きすぎると巨人との関係が悪化することをメディアは恐れているのでしょう」

 2021年1月に遠征先での不倫や虚偽報告を報じられ、その後球団から契約を解除されたロッテの清田育弘の際は、各スポーツ紙や昼のワイドショーでも盛んに報じられた。

「坂本とは扱いがまったく違いました。このケースはロッテが厳正な処分を下したことが“ゴーサイン”になった」(前出・スポーツ紙デスク)

 ちなみに、この騒動についてはスポーツ報知も度々報じていた。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン