(時事通信フォト)

原田美枝子と家族交えて交流している(時事通信フォト)

 実は美由紀サン、近年は写真家やアートディレクター、フリーペーパーの編集長などでも活躍をされていて、優作さんを含めた“松田ファミリー”全員が所属する「オフィス作」の社長も務めていらっしゃるんです。ちなみに同事務所には、ドラマ『プリズム』(NHK)以来、私がいま、もっともキャーキャー言っている藤原季節サン(29才)も所属。改めて美由紀サンのたくましさと、子供さんたち以上に自由でカッコイイ様子にほれぼれしているところです。

 若い頃から、似たタイプの原田サンと仲よしだったことにも心から納得。前述の『A-Studio+』では、松田ファミリーにやや遅れをとったものの、やはり全員が成功している原田サンの子供さんたちの話題にもなりました。

 筆頭に挙がるのは、次女の石橋静河サン(28才)。あっ、ご主人のことを書くのを忘れていました。原田美枝子サンの夫は、ロックバンド「ARB」の元メンバーで、ラスボス的なワルを演じさせたら右に出る者はいない俳優の石橋凌サン(66才)です。

 直近のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)では土屋太鳳サン(27才)や松下洸平サン(35才)を苦しめ続ける「深山家」の当主を好演し、最後はなんとホームレスになるも、妻役の木村多江サン(51才)に手を差し伸べられる役でした。

 原田美枝子サンとは2001年、離婚危機につながるような“騒動”がありましたよね。不倫と隠し子の存在が明らかになったのです。もちろん、原田サンのショックは筆舌に尽くしがたいものがあったと思われますが、すでに3児の母だった原田サンに「離婚」という選択はなかったようです。

 何より、静河サンが「石橋姓」で大活躍されていることが、雨降って地固まった証拠。多くの演出家に指名を受ける個性派女優であり、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)に静御前役で出演。ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)では、岡田義徳サン(45才)の恋人役ながら、“母の親友の長男”である松田龍平サンに対し、猛烈にアプローチする勝気な女性を好演しました。

 コンテンポラリーダンサーでもある静河サンが、同じく大成功している二世俳優の柄本佑サン(35才)に声をかけられる『サントリー天然水』のCMではダンサーとしての彼女の魅力が存分に発揮されたものです。

「三越伊勢丹」の『EW』というファッションカタログの表紙と巻頭で、「TOMO KOIZUMI」とコラボするモデルさんとしてのお仕事も圧巻でした。色鮮やかで存在感にあふれる小泉智貴さんデザインのフリルドレスにまったく負けていなかったのですから。

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン