スポーツ

Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ

巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)

巨人・原辰徳監督は来季は3年契約の2年目となる(時事通信フォト)

 監督辞任と続投の境界線はどこにあるのか──。10月2日、パ・リーグ優勝を懸けた大一番でソフトバンクはロッテに3対5で敗れたが、その試合終了後、大きなニュースが待っていた。続投が既定路線だと思われていたロッテの井口資仁監督がセレモニーで辞任を発表したのだ。

「試合前に決まったため、ファンはもちろん、選手やコーチも知らなかったようです。確かに就任5年でBクラス3回、今年は3年ぶりのBクラスでファンからは続投を疑問視する声もありましたが、球場は騒然となりました。同時に河合克美代表取締役オーナー代行兼社長の退任も判明しました。実質的なオーナーの交代に伴い、井口監督も一緒に身を引く形です。野球界で監督の座は、オーナーが決める。河合オーナー代行と井口監督は一蓮托生だったということでしょう」(球界関係者)

 現在のところ、ロッテの井口監督、広島の佐々岡真司監督、阪神の矢野燿大監督が今シーズン限りでの辞任を発表している。

「矢野監督はキャンプイン前日に今季で退任と発表していましたが、井口監督と佐々岡監督はBクラスの責任を取ったかたちです。就任1年目で最下位の日本ハムの新庄剛志監督、中日の立浪和義監督は別ですが、それでは4位に終わった楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)兼監督や巨人の原辰徳監督はどうなるのか。

 ともに3年契約を結んでいますが、優勝できる戦力がありながら、2年連続でペナントを逃した。続投を疑問視するファンも少なくはないでしょう。しかし、楽天も巨人もオーナーが監督に厚い信頼を置いているので、ロッテのように交代しない限りは2人とも来季指揮を執るでしょう」(同前)

 いくら現役時代に成績を残しても、絶大な人気を誇っても、それだけでは監督にはなれない。

「現役時代から癖の強かった落合博満氏が中日の監督になれたのは、白井文吾オーナーの存在があってこそ。そして2011年に連覇を果たしても契約延長にならなかったのは、球団社長が代わり、白井オーナーが抑えきれないほど中日のなかで“反落合派”の勢力が強くなったという側面もあった。

 このように、監督になれるかどうかはオーナーの意向が強く、球団内の力学も反映される。1980年、読売新聞の務台光雄社長は巨人・長嶋茂雄監督の解任を決断した。その後も『務台氏の目の黒いうちは長嶋氏の復帰はない』とまで言われました。実際、1991年に務台氏が亡くなるまで、長嶋さんは巨人に戻れなかった。しかし、渡辺恒雄氏が務台氏の後を継いで読売新聞社長になると、1992年の秋に長嶋監督が誕生しました」(ベテラン記者。以下同)

 現在の巨人オーナー・山口寿一氏は原監督の手腕を認めており、今季は育成に力を入れる年と明言している。

「巨人史上、同一監督で2年連続シーズン負け越しは原監督が初めてです。普通なら辞任でもおかしくない成績です。しかし、山口オーナーが原監督を評価しているので、退任はないでしょう。昨年オフに3年契約を結んでいますし、今のフロントの体制が続く限り、少なくとも原監督はあと2年指揮を執るのが既定路線です。

 ただ、今季の巨人は観客動員に苦しんだ。原監督の野球にファンが飽きている面もあるでしょう。たしかに巨人の監督で最多の通算勝利数を誇りますが、何年も指揮を取り続けると、ファンは『新しい監督を見たい』という欲求にかられます。通算16年もやっているわけですから、違う野球を望む人も多いでしょう」

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン