芸能

三遊亭円楽さん「死ぬまで落語」、結婚生活45年で裏方に徹した妻との“最後の1週間”

言葉の「重み」が違う(時事通信フォト)

妻は結婚生活45年で裏方に徹した(時事通信フォト)

 大喜利では先輩たちを毒舌で切り、付いたあだ名は「腹黒」。だが、その裏には温かい人柄があった。彼の落語では絶対に出てこない妻との夫婦関係は、まさに腹黒とは真逆。これまで語られなかった「愛妻のネタ」はあまりに愛おしい──。

 遺影と亡骸はトレードマークの紫の着物姿。祭壇も紫と白の花で彩られていた。喪主は声優で息子の会一太郎(34才)が務めた。その傍ら、高齢の女性は肩を震わせながらもグッと涙を堪えていた。

 10月3日、都内の斎場で、六代目三遊亭円楽さん(享年72・以下、円楽さん)の通夜がしめやかに執り行われた。死因は肺がん。円楽さんは8月下旬に軽度の肺炎を患い、その後はずっと入院生活が続いていたという。円楽さんと約45年来の親交があり、通夜・葬儀で読経も行った住職・山崎奎一さん(79才)のもとに訃報が届いたのは、円楽さんの亡くなった当日(9月30日)の夜だった。

「その日の昼過ぎ、奥さんから何度か電話の着信があって。気づかずにいて折り返したところ、『亡くなりました』と。思わず、『誰が?』と聞き返したら『主人です』と言うので一瞬、耳を疑いました。あまりにも淡々と話されるので……。

 翌日にご自宅に弔問に伺ったときも、奥さんは涙を見せず気丈に振る舞っておられました。本当は心の中は涙で溢れていたはずなのに、悲しみを決して表には出さなかった。彼女ほど芯の強い女性は知りません」(山崎さん)

 落語会で円楽夫人は長らく「謎の存在」といわれてきた。それは円楽さんたっての願いでもあった。45年の結婚生活で夫人は裏方に徹し、最期まで彼の思いを酌み、その務めを全うしていたのである。

 円楽さんは青山学院大学の落語研究会に所属していた1970年、先代の五代目円楽さん(2009年死去)に弟子入りし、「楽太郎」と命名され、落語家人生をスタートさせた。夫人との出会いは、下積み時代。もともと夫人も落語関係の仕事をしていて、春風亭小朝(67才)の事務所に出入りしていた。円楽さんは、所属は別だが同期の小朝と仲がよく、その縁で夫人と知り合ったという。

 1976年に二ツ目に昇進した円楽さん。翌1977年、27才の若さで『笑点』(日本テレビ系)のレギュラーに抜擢されたタイミングで結婚した。円楽さんと交流が深かった演芸ライターが語る。

「奥さんはまったく表に出てこない人なので、その素性は業界内でもほとんど知られていない。そのことについて円楽さん本人に直接聞いたことがあるのですが、『妻は芸人じゃないから表に出さないんだ』と言っていました。それは家族を好奇の目に触れさせないため、家族の私生活を守るためという彼なりの思いもあったようです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン