2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見

 しかし2016年6月、夫人の存在がクローズアップされる出来事が起きる。円楽さんが20才年下の女性との不倫をすっぱ抜かれてしまったのだ。すぐに会見を開いた円楽さんは、不倫を全面的に認め、夫人に謝罪したことを明かした。

「奥さんに『身から出たサビだな』と謝ったら『サビも味になるわよ』と返された話や、会見用のスーツの下にこっそりと奥さんが『頑張って』というメッセージを忍ばせていたことなどを話し、取材陣の爆笑をさらいました。

 奥さんはもともと落語業界にかかわっていた人のようですが、ここまでユーモラスで度量が大きいとは思いませんでした。この会見で円楽さんのスキャンダルは笑いに変わった。明らかに奥さんのおかげです。あれ以来、円楽さんの“遊び”は少しおとなしくなりました」(前出・演芸ライター)

「妻と一緒の墓に」

 夫人の人柄について、近隣住民はこう語る。

「奥さんは20年近く前に日本語教師の資格を取って、近所の外国人のかたがたに日本語を教えるボランティアをしていました。アクティブで、お世話をするのが好きなかたという印象です」

 夫婦の共通の趣味は「プロレス」だった。円楽さんはメキシコの日本人レスラー養成学校で理事長を務めていた。群馬県内でステーキ店を営む現役レスラーのMAZADAさん(47才)も、メキシコで円楽さん夫婦にお世話になったひとりだ。

「メキシコの学校には日本人レスラーが50人ほどいたのですが、みんな円楽師匠と奥さんにお世話になりました。師匠が仕事で忙しいときに、奥さんがひとりでメキシコに来てくれたことも。貧乏な若いレスラーを20人くらい現地の飲食店に連れていってくれて、『どんどん食べなさい!』とメニューの端から端まで注文するくらい、豪快な人です(笑い)。ご夫婦はまるで友達同士のように仲がよかった。ぼくらからしたら“理想の夫婦”でしたね」(MAZADAさん)

 円楽さんに病魔が襲いかかると、夫人は介護に追われる日々を送ることとなった。2018年9月、円楽さんは肺がんを公表し、肺の5分の1を切除した。翌年7月には脳腫瘍が見つかり、さらにこの年、肺がんも再発してしまった。

 病と闘いながら高座に上がり続けた円楽さんだが、今年1月には脳梗塞を発症して再び入院。後遺症で歩行が困難になり、車いすを使うようになった。5月に退院してからは、懸命にリハビリに励んできた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
東京五輪金メダル秘話とは
ソフト上野由岐子らが明かした東京五輪金メダル秘話 出場辞退寸前まで追い込まれた選手を救った「凄腕トレーナー」の存在
女性セブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン