芸能

ぽっちゃり子役・細山クン 慶応卒、ゴールドマンサックス勤務「年収1150万円」捨て起業準備中 いじめ経験から得た信念とは

ぽっちゃり子役だった細山クン(写真/藤岡雅樹)

ぽっちゃり子役だった細山クン(写真/藤岡雅樹)

 20年ほど前、教育バラエティ番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や子供向けバラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京)などで活躍していた、丸ぽちゃ体型にメガネの男の子がいた。“細山クン”こと細山貴嶺(たかね)さん(27)だ。蝶ネクタイにサスペンダーといったオシャレな衣装が、ちょっと生意気なお坊っちゃまキャラによく似合っていた。今ではすっかりテレビで見なくなってしまったが、細山さんのその後はどうなっているのだろうか。東京都内で細山さんに会って話を聞いた。

 * * *
 27歳になった細山さんは、誰だかわからないほどスッキリと痩せていた。本当にあの細山クン!? 格好いい、爽やかイケメンに変身している。

「ピークの体重は108キロあったのですが、中学3年のときに一念発起してダイエットを始め、ランニングなどの運動と食事制限、レコーディング(食事の記録)で、高校1年のときには夏休みの2か月で30キロ落としました。夏休みが明けて登校したら、『転入生がいる』と思われたほど容姿が変わって(笑い)。その後、63キロまで落としたのに、大学受験のストレスで80キロ台まで増え、入学後にまたダイエットして……などと激しく増減を繰り返し、今は173センチ、58キロです」

幼少期の様子(細山さん提供)

幼少期から丸ぽちゃ体型(細山さん提供)

 両親の方針で小学校からインターナショナルスクールに通い、大学は慶應義塾の法学部政治学科に見事、現役合格。高学歴でこの容姿、しかも元芸能人となれば、大学時代はモテてしょうがなかったに違いない。

「全然モテませんでした(笑い)。モテたい気持ちもあってダイエットしたので、期待していたんですけどね。大学時代は合コンも一度も行きませんでした。僕はガツガツしていない草食系で奥手だし、どちらかというと3枚目キャラなので、どうも女性には男の子として認識されないタイプみたいです」

 大学時代にはカリフォルニア大学サンディエゴ校に1年留学。もともと英語は得意なうえ、さらに磨きをかけた。帰国後は大学卒業と同時に芸能界を引退し、米国系金融機関、ゴールドマン・サックス(GS)証券に就職。六本木ヒルズで英語を駆使して働く、バリバリのエリートビジネスマンに変身していたのだ。

「オペレーションズ部門(業務統括本部)で日本国債の決済などの業務を担当していました。ただ、3年弱で外資系生命保険会社傘下の資産運用会社に転職したんです。GSではバックオフィス業務(後方支援)だったので、トレーダーやリサーチ、セールスなど顧客と関わるフロント職で、実際にビジネスを動かす仕事をしたいと思い、在籍中に米国証券アナリスト(CFA)の1次試験に合格しました。

 ところが、GSでは試験で学んだことを活かすことができず、活かせる仕事がしたいなあと思っていたところ、エージェントから声をかけていただいたんです。資産運用会社では証券アナリストとして大企業などの資産運用を手がけ、年収はGS時代の910万円から950万円に上がり、直近では1150万円でした」

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン