芸能

鈴木福、18才になり「止まらないイケメン化」 “タワマンで恋人と生活”希望にも現実味

鈴木福

鈴木福くんはもう18才

 都内のある劇場の地下駐車場に現れた青年は、キリッとした目つきでイケメンオーラが溢れている。かつての、かわいいたぬき顔のちびっこが、ここまで端正な大人に成長するとは、どれほどの人が想像していただろうか。

 9月29日に舞台『きっとこれもリハーサル』の公開稽古を終えて帰宅する俳優の鈴木福(18才)。観劇に訪れていた妹で女優の夢(16才)と並んで歩いてきた。清潔感満載のワンピース姿で、兄妹とも品の良さが漂っていた。

 あるベテランのテレビドラマ制作者も、この写真を眺めながら「10年ひと昔といいますが、福くんの成長ぶりに、時が経つ早さを実感させますね」と微笑ましそうに振り返る。

 2011年のドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)に出演して、同い年の子役だった芦田愛菜(18才)と二人で、ユニット「薫と友樹、たまにムック。」を結成。2人で歌った主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』は大ブームを起こして、同年のNHK紅白歌合戦には、白組最年少の7才199日で初出場も果たしていた。

 その後も人気子役として活躍し続けて、中学時代は野球部にも所属。今年度からは18才も対象となる新成人にまで成長した。現在も高校3年生として学業と俳優業を両立している。

 最近では、バラエティー番組でも活躍中。7月放送のフジテレビ系バラエティー『スイッチマッチング』では、お笑いコンビ「トム・ブラウン」のスキンヘッドのみちお(37才)と「お互いの人生を入れ替えた生活」に挑戦して、お茶の間に笑いを届けた。

 ほかにも、子役をしている3人の弟妹らと楽しくテレビ出演をしたりと、反抗期などは1度も感じさせぬままに、デビュー当時と同じ物腰の柔らかさであり続けている。

 ある芸能関係者は「福くんのご両親は父が和楽器職人、母が琴奏者、祖父も尺八奏者と芸能一家だといわれています」と明かす。今も仲良く実家で暮らしている。

 そんな福くんも、ここまでいい男に成長してくると、おのずと恋愛方面も気になってくる。実は昨年、ラジオ番組にゲスト出演した際に、少し珍しい発言をしていた。ナビゲーターから「一人暮らしをするならどんな家に住みたい?」と問いに、現在の家族暮らしに満足していることを明かした上で

〈そのうち彼女ができて一緒に住むようになったら家を出るのかなぁ…。もしも、するなら都会のめちゃくちゃいいところでタワーマンションとか、ちょっとだけ憧れます〉

 幼いころから一軒家暮らしで、違う環境にも憧れがあることを明かしていた。また、2019年の公式ブログでは「最近ファンなのは浜辺美波さん(22才)。映画『君の膵臓をたべたい』を見てすごく感動して」とつづっていた。

 冒頭の公開稽古の取材会では、「どこの大学かは秘密ですけど」と前置きしながら、来春の入試に向けて大学受験の勉強中であることを明かした。勉学優先の今は、恋愛は難しいかもしれないが、近い将来に初ロマンスが明らかになる日が来るのかもしれない。

「福くんはイケメンなだけでなく、4人きょうだいの長男で、責任感や優しさも感じさせる人です。福くんに憧れる女性は少なくないでしょうから、彼が抱くタワマンで恋人と暮らす日々は意外と遠くないかもしれませんよ」(前出・テレビドラマ制作者)

“大人福くん”の公私にわたる活躍は、これからも楽しみだ。

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン