芸能

板野友美AKB48卒で圧倒的「勝ち組」夫はプロ野球で活躍、仕事も家庭も超順調の秘密

手提げを持ち歩く板野友美(2022年8月撮影)

手提げを持ち歩く板野友美(2022年8月撮影)

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが開幕し、熱戦を繰り広げている。今年も圧倒的な強さでセ・リーグを連覇したヤクルトスワローズは、2年連続の日本一に向けて盤石の体制だ。

 史上最年少での三冠王、そして王貞治を超えた日本人歴代最多本塁打56号を放った村上宗隆三塁手(22才)が文句なしの主役だが、投手陣の中で大きな期待をかけられているのは、昨年のCSと日本シリーズで大活躍したサウスポーの高橋奎二投手(25才)。言わずと知れた元AKB48の人気メンバー板野友美(31才)を妻に持つイケメン投手である。

 あるスポーツ紙記者は、「昨年1月に板野さんと電撃結婚した際には、まだ野球で結果を残していない“1軍半レベル”の選手だったので『浮ついている』『年上アイドルといちゃついてる場合じゃない』など、少なからず陰口もありました。だからか、球団からも『“ともちんの夫”という表現は控えてほしい』と言われたほどでした」と振り返る。

 ところが、昨年のシーズン終盤から活躍し始めると、人生一の大舞台となったオリックス・バファローズとの日本シリーズ第2戦では、プロ初完投初完封で勝利。「日本シリーズ優秀選手賞」にまで輝いた。「板野さんは、各スポーツ紙で『内助の功』と称えられて、ヤクルトファンの間ではすっかり勝利の女神となったのです」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな板野は、最近1才となった長女を育てながら、タレントとしても活躍中。2月には「ファッションだけでなく私のライフスタイルそのものをお届けする」と宣言して、自らのブランド「Rosy luce(ロージールーチェ)」を設立。8月には、そのファンたちを集めたシークレットパーティーも開催した。ある芸能関係者は「パーティー参加の応募倍率は10倍を超えて大盛況でした。彼女の思いは育児と企業の両立」と話し、本人も「女性がどんなタイミングでも、やりたいと思ったことを叶えられる社会を目指して」と理想を語っている。

 10代のころからエネルギッシュだった。アキバ系のアイドル・AKB48の一員にもかかわらず、秋元康プロデューサーらスタッフには無断で茶髪にして、自らを渋谷系のキャラクターに転身。“ギャルのカリスマアイドル”に上り詰めたほどに、セルフプロデュースに長けていた。今も「毎日2~3時間しか寝られず、1つ1つのお仕事に腰を据えられなかったAKB時代に比べたら、毎日家族のために働けている今は、その忙しさも幸せでしかない」と話す。

 推定年俸2200万円の高橋は、今年はキャリアハイの8勝を挙げて、来季の年俸の倍増は確実。夫の成績を上げさせて、さらに家事育児をこなしながらママタレとしても飛躍し始める。AKB時代は「いってみヨーカドー」(イトーヨーカ堂)の名フレーズなどでCM女王(2012年)にまで上り詰めていたが、再ブレークの予感すら漂ってきている。

 元AKB48といえば、バツイチの前田敦子(31才)、離婚問題が騒がれる篠田麻里子(36才)、妊娠中の大島優子(33才)、バラエティータレントとして大成功の指原莉乃(29才)ら、まさに人生十人十色だが、「ソロセンターにはなれなかった板野さんですが、今の状況を見ると完全に勝ち組まっしぐらです」(前出・スポーツ紙記者)と言われるほどだ。

 今年も、ヤクルトの日本一で、スポーツ紙に板野のお祝い記事も載るのか。実りの秋にするべく、今夜もおいしい夕食を作って、夫の帰りを待っている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン