ライフ

【がんになった医師が明かす私の治療方針】医師を選ぶ基準、年齢・肩書より実績を重視

全国の医療現場で何が起きているのか(イメージ)

がんを経験した医師が治療を振り返る(イメージ)

 餅は餅屋、弓矢の道は武士が知る、舟は船頭に任せよ──。その道のプロこそが最も知識と経験が豊富であるのは、病気も同様だ。「医師」と「患者」、両方の立場を経験したからこそ話せるがんとの向き合い方。がんを経験した5人の医師に「私の治療方針」を聞いた。【全3回の第2回、第1回から読む】

あえて「仲のいい医師」には頼らない

《がん治療に強い病院ランキング》《名医の条件》など、テレビや雑誌には「いかにしていい医師を探すべきか」という特集が目白押しだ。

 多くの病気を治療し、豊富な人脈を持つ彼ら医師が、自分自身のために医師や病院を選ぶとき、どんな基準を持つのか。東京女子医科大学放射線腫瘍科教授で、乳がんが専門の唐澤久美子さんが条件にしたのは、意外にも「あえて仲のいい医師には依頼しない」ことだった。

「確かに私は乳がんの専門医ですから、友人の中にいわゆる“名医”といわれる有名な医師が大勢います。しかし、仲がいい医師に依頼すると、万が一何かあったときに、お互いに気まずい思いをしてしまう。ですから信頼できる恩師に相談して、知ってはいるが友人でない“名医”を選びました」(唐澤さん)

唐澤久美子さん

唐澤久美子さん

 胃の内視鏡手術を受けた東京医療保健大学副学長の小西敏郎さんは、4年目の研修医にすべてを委ねたと話す。

「15年前はまだ内視鏡を経験した医師が少なく、当時入院していた病院で治療実績が最も多かったのが、その医師でした。『研修医で大丈夫ですか』と心配する人もいたけれど、私は年齢や肩書よりも、実績や症例数を信用します。よくほかの病院に手術の見学に行っていたような勉強熱心な医師だったので、全面的にお任せしました」(小西さん)

 医学的な知識や“横のつながり”がない患者が、唐澤さんや小西さんのように信頼できる医師に巡り合うためにできることはあるのか。小西さんはこう助言する。

「治療を受ける前に、いろいろな医師の意見を聞くことが重要だと思います。特にがんは治療内容が病院によって異なることがあるので、疑問に思ったら医師や病院を選ぶ前に、セカンドオピニオンも受けるといい。

 ただし、いったん医師と病院を決めたら、あとは全面的に任せてください。医師と患者も人間同士。大切なのは、信頼関係です」

 小西さんが重視した治療数や手術件数は、ホームページに掲載している病院も多い。診療を受ける前に確認するのもひとつの手だ。

小西敏郎さん

小西敏郎さん

「主治医以外のスタッフとの相性も重要です。治療中、副作用によるひどい下痢でつらいときに、病状を理解できない若い医師がいて苦しみました。看護師に職業を聞かれて医師だと答えると、『その年齢で、まだ仕事をされているんですか』と心ない一言を言われたこともあります。治療中に接するのは主治医だけではありません」(唐澤さん)

 病院やスタッフの雰囲気は、実際に通院するまで判断することが難しいが、インターネットの口コミをのぞいてみたり、地域の病院であれば、近隣の評判から推し量ることができる。ぜひ積極的に情報を集めたい。

 長期にわたる治療において、医師やスタッフの質に加え、家から病院までの距離も重視すべき項目の1つだ。3人の子供を育てながら高知県の病院に勤務していた緩和ケア医の田所園子さん(53才)は、家族と離れずに治療できる病院を探した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン