スポーツ

羽生結弦の初単独アイスショー、トラブル乗り越え大成功 全身全霊で支える母との二人三脚

東京駅で、他の利用客も多い中、羽生結弦の姿が見られた

東京駅で、他の利用客も多い中、羽生結弦の姿が見られた

 多くの人でごった返す東京駅に、袖をたくし上げた羽生結弦(27才)が突如として姿を現したのは、11月5日の夕方だった。この日の東京の最低気温は11℃。道行く人は上着に手を通すなか、羽生はコートを手に持ったままである。

 彼の後ろを歩くのは、羽生によく似た涼やかな瞳が印象的な女性で、黒髪ロングのストレートヘアを風になびかせ、彼の一歩後ろをついていった。その数時間前に、初のソロステージを終えたばかりの羽生は、やや疲労の色を残しながら、北へ急ぐ新幹線に飛び乗った。

 7月にプロ転向を表明した羽生のリスタートは速かった。瞬く間にYouTubeやインスタグラム、ツイッターを開設し、練習風景をファンに公開。そして、11月4日から2日間にわたり、プロスケーターとして初の単独アイスショー『プロローグ』で華麗な滑りを披露した。

「タイトルや演技構成は、羽生さんが自ら考案。演出は当日の朝ギリギリまで考え抜いたというほど、こだわりが詰まった内容でした。通常アイスショーは複数のスケーターが順番に滑りますが、今回の出演者は羽生さんだけです。しかも休憩なしのノンストップ。たったひとりで8曲を滑り切るというのは尋常ではないプログラムで、体力的な負担は相当大きかったはずです」(フィギュアスケート関係者)

 1曲目に披露したのは、2018年平昌五輪で金メダルを獲得したプログラム『SEIMEI』。4回転サルコウを成功させ、さらにトリプルアクセルの3連発という構成に、観客はいきなりスタンディングオベーション。拍手喝采だった。

「新プログラム『いつか終わる夢』では、振り付けを自ら手掛けたそうで、『夢だった世界初の4回転半の成功者になれず苦しみながらも、まだ皆の期待に応えたい』という心のジレンマを表現したそうです」(スポーツ紙記者)

 観客を魅了する彼を見守っていたのが、冒頭の女性──羽生の母だった。羽生のスケート人生は、物心両面で彼女に支えられてきた。

「スケートは、コーチ代や衣装代などとにかくお金がかかる。あまりの家計への圧迫に、小学生の頃、スケートをやめるかどうか家族間で話し合いが行われたときには、お母さんが“私がパートを増やすから”と競技が継続できるよう支えたそうです」(羽生家の知人)

 2011年、東日本大震災で仙台のホームリンクが被災すると、翌年、羽生は拠点をカナダ・トロントへ移す。このときも、母が同行した。

「2人はマンションで共同生活をしていました。お母さんは、食事や生活のお世話はもちろん、英語に苦手意識があった羽生さんに発破をかけて、語学の習得も促したそうです」(前出・フィギュアスケート関係者)

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン