芸能

滝沢秀明氏、志半ばでジャニーズ事務所退社 叶えられなかった「アイドル年金制度」

滝沢氏とジャニーさんの夢の関係は

滝沢氏とジャニーさんの夢の関係は

 タッキーの愛称で親しまれた滝沢秀明氏が芸能活動を引退してから約4年。ジャニー喜多川氏の後継者としてジャニーズJr.の育成とプロデュースに専念してきた「ジャニーズの申し子」が、道半ばにして事務所を去った──。

《この度、2019年よりジャニーズアイランド代表取締役を務めてまいりました滝沢秀明が退任し、新たに井ノ原快彦がジャニーズアイランドの代表取締役となりましたことをご報告させて頂きます》

 ジャニーズ事務所の発表によれば滝沢氏は「ジャニーズアイランド」の社長のほか「ジャニーズ事務所」の副社長など関連会社の役員を退任。9月中旬に弁護士を通じて申し出て、同月下旬の取締役会で承認されたという急転直下の辞任劇だった。

 実は、滝沢氏が退社を考えたのは今回が初めてではないという。

「芸能活動を引退する前も、周囲にたびたび独立願望を打ち明けていました。実際、数年前に実業家と共に家族名義でアパレル関係の会社を立ち上げ、滝沢さんも熱心に営業をかけていたのです。独自の人脈を駆使してJr.とタイアップしてくれる企業を探し、その事業が軌道に乗ったところで、事務所を離れる考えもあったようです」(芸能関係者)

 本気で退社を考えた滝沢氏を踏みとどまらせたのは、ほかならぬジャニー氏だった。2018年9月、ジャニー氏はほかのタレントを差し置いて、滝沢氏を自身の“後継者”に指名。感激した滝沢氏はすべてをなげうって、ジャニー氏に恩返しすることを誓った。当時、ジャニー氏は異例ともいえる声明を発表している。

《滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、「ジャニーズJr.たちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい。」と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています》

 タレントの育成とプロデュースに生涯を捧げたジャニー氏には、集大成ともいえる大きな夢が2つあった。ひとつは芸能活動に必要な素養を基礎から学ぶための養成所を作ること。そしてもうひとつが“アイドル年金制度”の創設だ。ジャニー氏の知人が語る。

「晩年のジャニーさんが、ことあるごとに語っていたのが、芸能人の地位向上です。欧米と比べて日本の芸能人の社会的地位はそれほど高いとはいえず、年齢を重ねるにつれて仕事が減っていく現状に危機感を抱いていました。海外に通用する俳優や歌手の養成機関を作りたいと語り、すべてのタレントが安定した生活を送ることができるような独自の年金制度を作る壮大な計画を思い描いていました。そのために自身の莫大な遺産を使ってほしいとも周囲に語っていたのです」(前出・芸能関係者)

 ジャニー氏にとって、一度でもジャニーズに所属したタレントは全員がわが子のような存在だった。その理念と夢を受け継ぐ人物は、滝沢氏をおいてほかになかった。ジャニー氏の死後、滝沢氏の働きぶりは鬼気迫るものがあったという。

「毎朝、自分の運転で現場に入り、演出面の細かいところまで入念に確認していました。スーツ姿がほれぼれするほど似合うため、現場ではタレントより目立ってしまうことも。休日はほとんどなく、睡眠時間も削って働きづめの毎日でした」(舞台関係者)

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン