芸能

滝沢秀明氏、志半ばでジャニーズ事務所退社 叶えられなかった「アイドル年金制度」

滝沢氏とジャニーさんの夢の関係は

滝沢氏とジャニーさんの夢の関係は

 タッキーの愛称で親しまれた滝沢秀明氏が芸能活動を引退してから約4年。ジャニー喜多川氏の後継者としてジャニーズJr.の育成とプロデュースに専念してきた「ジャニーズの申し子」が、道半ばにして事務所を去った──。

《この度、2019年よりジャニーズアイランド代表取締役を務めてまいりました滝沢秀明が退任し、新たに井ノ原快彦がジャニーズアイランドの代表取締役となりましたことをご報告させて頂きます》

 ジャニーズ事務所の発表によれば滝沢氏は「ジャニーズアイランド」の社長のほか「ジャニーズ事務所」の副社長など関連会社の役員を退任。9月中旬に弁護士を通じて申し出て、同月下旬の取締役会で承認されたという急転直下の辞任劇だった。

 実は、滝沢氏が退社を考えたのは今回が初めてではないという。

「芸能活動を引退する前も、周囲にたびたび独立願望を打ち明けていました。実際、数年前に実業家と共に家族名義でアパレル関係の会社を立ち上げ、滝沢さんも熱心に営業をかけていたのです。独自の人脈を駆使してJr.とタイアップしてくれる企業を探し、その事業が軌道に乗ったところで、事務所を離れる考えもあったようです」(芸能関係者)

 本気で退社を考えた滝沢氏を踏みとどまらせたのは、ほかならぬジャニー氏だった。2018年9月、ジャニー氏はほかのタレントを差し置いて、滝沢氏を自身の“後継者”に指名。感激した滝沢氏はすべてをなげうって、ジャニー氏に恩返しすることを誓った。当時、ジャニー氏は異例ともいえる声明を発表している。

《滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、「ジャニーズJr.たちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい。」と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています》

 タレントの育成とプロデュースに生涯を捧げたジャニー氏には、集大成ともいえる大きな夢が2つあった。ひとつは芸能活動に必要な素養を基礎から学ぶための養成所を作ること。そしてもうひとつが“アイドル年金制度”の創設だ。ジャニー氏の知人が語る。

「晩年のジャニーさんが、ことあるごとに語っていたのが、芸能人の地位向上です。欧米と比べて日本の芸能人の社会的地位はそれほど高いとはいえず、年齢を重ねるにつれて仕事が減っていく現状に危機感を抱いていました。海外に通用する俳優や歌手の養成機関を作りたいと語り、すべてのタレントが安定した生活を送ることができるような独自の年金制度を作る壮大な計画を思い描いていました。そのために自身の莫大な遺産を使ってほしいとも周囲に語っていたのです」(前出・芸能関係者)

 ジャニー氏にとって、一度でもジャニーズに所属したタレントは全員がわが子のような存在だった。その理念と夢を受け継ぐ人物は、滝沢氏をおいてほかになかった。ジャニー氏の死後、滝沢氏の働きぶりは鬼気迫るものがあったという。

「毎朝、自分の運転で現場に入り、演出面の細かいところまで入念に確認していました。スーツ姿がほれぼれするほど似合うため、現場ではタレントより目立ってしまうことも。休日はほとんどなく、睡眠時間も削って働きづめの毎日でした」(舞台関係者)

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン