スポーツ

年俸大幅アップの大谷翔平 日本での愛車は2500万円ポルシェ、米ではテスラ

大谷翔平が日本のジムに!

ジム帰りの大谷と通訳の水原氏(左)

 都心の木々が色づき始めた11月初旬、都内の臨海地区を、紅葉よりも鮮やかな真っ赤なポルシェが疾走していた。助手席には、一際大柄な男性のシルエットが浮かぶ。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手(28才)だ。車はそのまま、トップアスリート御用達のトレーニングジムが入る建物の駐車場へと滑り込んだ──。

 現地時間の11月5日、ワールドシリーズが決着し、メジャーリーグの2022年シーズンが幕を閉じた。一足早くシーズンを終えた大谷は、10月18日に帰国。

「またここから来年に向けて頑張りたい」

 羽田空港で行った会見では、明るい表情でそう抱負を語っていた。その言葉通り、大谷はすでに“次の目標”に向けて動き出していた。

「野球選手のオフの過ごし方はさまざまですが、まずは1年間の疲れをしっかり取ることが先決です。二刀流で活躍する大谷選手の場合、蓄積された疲労は想像もつきません。にもかかわらず、彼は早速ジムでみっちりトレーニングを始めています。それは、大谷選手が“もっと野球がうまくなりたい”という思いを抱く生粋の野球少年だからなのでしょう」(球界関係者)

 実際に、このオフにジムで大谷の姿を見かけた人は、「シーズン中さながら、無心にバットを振っていた」と話す。このオフの課題は、新しいピッチングスタイルの完成だという。

「来シーズンからメジャーリーグでは、試合時間短縮のために『走者なしでは15秒以内、走者がいる場面では20秒以内』に投球を始めなければ1ボールとカウントされてしまう『ピッチクロック』というルールが導入されます。投球に時間をかけるタイプの大谷選手にとってはこれまで通りでは間に合わないため、なんとか克服しようとしているようです」(前出・球界関係者)

年俸アップで車もグレードアップ

 冒頭のシーンに戻ろう。トレーニングを終えた大谷は、紺色のキャップを後ろ向きにしてかぶり、手には大きなドリンクボトルを持っていた。再びポルシェの助手席に乗り込むと、隣でハンドルを握る男性に何やら微笑んだ。専属通訳の水原一平氏だった。

「水原さんは通訳としての役割だけでなく、大谷選手の私生活のサポートも一手に担っていて、運転手も務めています。大谷選手は絶対の信頼を寄せている。大谷選手は、要人のように後部座席に座るのは嫌だからと、助手席に座るんです。その方が、運転席の水原さんともコミュニケーションが取りやすいんでしょうね」(スポーツ紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン