ライフ

86歳の現役医師 健康維持の秘訣は「心の養生」、我慢しない飲酒と異性への恋心が支えに

帯津三敬病院名誉院長の帯津良一氏

帯津三敬病院名誉院長の帯津良一氏

 精神科医の和田秀樹氏が書いた『80歳の壁』がベストセラーになっているが、健康寿命を延ばすためには何を心がければ良いか──それを知る“生き証人”が80歳を越えた今も現役で活躍する医師たちだ。帯津三敬病院名誉院長の帯津良一氏(86)に健康でいられる秘訣を聞いた。

 * * *
 私は現在、埼玉県川越市の病院で週2回の外来と週1回の病棟回診を担当していますが、70代の時よりむしろ86歳になった今のほうが健康と思えるくらい元気です。

 先日も「試しにちょっと走ってみようか」とジョギングしてみたら、60代ほどではないものの、70代の時より長い距離を走れました。やっぱり気の持ちようが大事です。

 私の専門のホリスティック医学とは、身体の一部分を診るだけではなく、心や環境も含めた全体的な視点で健康や病について考えるものです。つまり、長生きするためには、心を安らかにできる環境を整えることや、安らぎで得られる習慣を続けることが大事だという考え方なんです。

 また、ホリスティック医学は病というステージにとどまらず、生老病死すべてを対象とします。老いること、死ぬことを認めて、自分なりの養生で抵抗しながら楽しく死を迎えるのがいいのではないか。そのためにも私は30年以上前から続けている気功や太極拳を週に3~4回は朝の仕事前にやり、心の養生にも努めています。

 私にとって何よりの養生が、大好きな毎晩のお酒です。酒量は若い時と変わらず、外で飲む際は生ビールの中ジョッキ2杯とウイスキーのロックを3杯。時間は1時間半くらいがちょうどいい。

 食養生で大事にしているのは、好きなものを食べることです。身体が欲する好きな食べ物が身体に悪いわけがない、と。

 ただ歳を取ると骨折しやすくなるので、骨の脆弱化を防ぐためにカルシウムが豊富な昆布を食べています。酒の肴として毎晩食べる湯豆腐の出汁を昆布でとり、その出汁をチェイサー代わりにウイスキーと一緒に飲むんですよ。筋肉を衰えさせないように牛肉ステーキも食べます。好きなものを我慢しないことが、健康のためにもいいと思っています。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト