スポーツ

女子ゴルフ界に「第2のアン・シネ」国内プロテスト合格のチョン・ジユに膨らむ期待

プロテスト合格で、来季のステップ・アップ・ツアーへの出場権を獲得したチョン・ジユ(写真/AFLO)

プロテスト合格で、来季のステップ・アップ・ツアーへの出場権を獲得したチョン・ジユ(写真/AFLO)

 11月1~4日に行われた国内女子ゴルフの最終プロテストで「超大型新人」が合格した。韓国人ゴルファーのチョン・ジユ(26)。身長173cm、メリハリの利いたボディラインの持ち主で、韓国ゴルフ界ではタレント顔負けの人気を誇る美女ゴルファーだ。

 韓国人ゴルファーのマネジメント企業の代表をしている男性が語る。

「水面下では色々と動いていると思いますが、まだ正式なマネジメント会社は決まっていません。ただ日本で原英莉花がモデルを務める『マスターバニーエディション』と契約していて、タイトなウェア姿はアン・シネに重なる。

 韓国ゴルフ界はジュニアから英才教育が普通ですが、彼女は18歳でゴルフを始めた。そこから1年でシングル、2年後にはプロになった。現地メディアでは“シンデレラストーリー”として紹介されたこともある。日本ツアーにデビューすればすぐに人気が出ると思いますよ」

 プロテスト合格で、来季のステップ・アップ・ツアーへの出場権を獲得。さらに年末のQT(予選会)を突破すればレギュラーツアーへの参加も可能になるが、なぜはるばる日本へとやってきたのか。ゴルフ誌記者が言う。

「彼女は韓国の下部ツアーに参戦していましたが、苦戦してレギュラーツアーへの昇格は絶望的。そこで日本ツアーに活路を見出そうと考えたようです。ただ川崎春花ら10代が台頭するなど日本国内もレベルが上がってきているので、即活躍というのは厳しいでしょう」

 ただ、久しぶりの韓流美女ゴルファーの誕生は「朗報」だ。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は2019年からプロテストに合格した選手だけがQTに出場できるように規定を変更。韓国選手もプロテストに合格しなければならず、「第2のアン・シネ」はなかなか現われなかった。

「アン・シネは今年から米女子ツアーへの参戦を決めた。キム・ハヌルは昨年いっぱいで引退し、“韓流美女枠”は空席の状態です。恐らく推薦枠を使って上の試合でも数試合は出場できるでしょうから、そこで結果を残せば一躍ブレイクする可能性は高い」(同前)

 旋風を巻き起こすか。

※週刊ポスト2022年12月2日号

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト